ビジネスホンを購入するさい、様々な種類のメーカー機種から選ばなくてはいけません。そこでまず確認する時に決めておかなければならないことは”電話機の台数”、”回線数”、”回線の種類”、”利用したい機能”です。ここではビジネスホンについて記述された記事をまとめます。

ビジネスホンの5大機能やビジネスホンと一般電話との違い、参考価格などビジネスホンについての基本的な知識についてご紹介します。 設備の詳細はこちら»»
ビジネスホンに接続できる回線は主にアナログ、デジタル(ISDN)、ひかり電話の3つ使い方や規模、予算に合わせて選べば通信費のコスト削減効果も 設備の詳細はこちら»»
ビジネスホンを導入するには主に3つの方法があります。ここではその3つ、新品(リース)、中古、レンタルについて、メリットや特徴などをご紹介します。導入する規模や初期費用に関して、またお使い予定の年数等お考えになってどの方法でビジネスホンを導入するのかお決め下さい。
ビジネスホン

設備の詳細はこちら»»
参考として岩通ビジネスホンレバンシオS(LEAVANCIO-S)とレバンシオ(LEAVANCIO)を例にとってビジネスホンの比較をします。 設備の詳細はこちら»»
新規事業立ち上げや独立開業、新事務所開設時など、ビジネスホンを導入する場合気になるのが予算とスケジュール。ビジネスホンの新規導入の場合には回線の手配も並行して必要となり、繁忙期などでは思いのほか時間がかかる場合もあります。ここではビジネスホンを新規で購入する場合の選び方と導入の流れを紹介。回線手配からビジネスホンの購入、設置工事までトータルで行なうので安心しておまかせください。
電話の台数で選ぶ

設備の詳細はこちら»»
 リースとは賃貸借取引のことですが、一般的にはファイナンス・リース(またはファイナンシャル・リース)のことを指します。ファイナンスリースとは一般の賃貸借やレンタルと違い、貸手(リース会社)の既存所有設備等を借手(ユーザー)が選択し借りるのではなく、ユーザーが選んだものをリース会社がユーザーに代わって購入し、ユーザーに貸与する賃貸借契約のことです。
 基本的には中途解約不可で、リース期間中に物件価額・金利・諸税・保険料等を含めた代金を分割して定額で支払う契約となります。現在、日本の企業の90%以上がリースを利用しており、リースは企業が設備投資を検討する際に、なくてはならない存在となっています。 設備の詳細はこちら»»