介護向け低価格高機能ナースコール「Yuiコール」
看護?介護?

看護、介護の違いって?看護師、介護士の違いは何?【徹底比較】

『看護』『介護』どちらもよく聞く単語ではありますが、意味合いとして”看護は怪我や病気をした方へ援助をすること”、”介護は高齢者や身体が不自由な方へ援助をすること”のようにアバウトなイメージしか持ってない人がほとんどではないでしょうか。
ここでは根本的な看護・介護の違い、看護師・介護士の違いそして介護職、看護職の違いについてご紹介したいと思います。

看護、介護の違い

看護と介護
  看護 介護
意味 その人自身や家族、また地域社会が最大限の健康を取り戻すこと。 またそれが機能するように援助することを目的とした行動のこと 日常生活の援助やその人らしい生活を尊重し、支援していくこと
対象
  • 全ての年代
  • 全ての個人および家族、集団、コミュニティ
  • 健康状態の有無は問わず
  • 全ての年代(主に高齢者)
  • 全ての個人および家族、集団、コミュニティ
  • 身体に障害がある方
  • 病人
  • 日常生活支援が必要な方
支援 健康増進および疾病予防、病気や障害を有する人々あるいは死に臨む人々のケアが含まれる。 入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の支援。QOL(人生の内容の質や社会的にみた生活の質)を向上させる

※出典:日本看護協会
※出典:ウィキペディア

看護と介護は、大まかに比較すると上記のようになります。看護の中には介護と同様な支援(入浴や排せつ、食事等の支援)も含まれており、看護のひとつとして介護があるという見方もあります。

看護師、介護士の違い

看護師と介護士
  看護師 介護士
概要 疾病者や褥婦(じょくふ=出産後の女性)などの療養上の世話または診療の補助などをすることを業とする人のことである。
正規の呼び方は2001年の法改正により看護師の名称に統一。もともとは女性が看護婦、男性が看護士と呼ばれていた。
身体上、または精神上に障害がある方や要介護が必要な高齢者など日常生活をおくることが困難な人に対し、入浴や排せつ、食事等の介護に関わる支援や指導を専門的な知識、技術を持っておこなう人。介護士は介護職員全般で指すことが多いですが、介護福祉士の略にも使われます。
主な
仕事
医師が患者へ診察、治療をする際のサポート、また患者に対してのケアをおこなう。
具体的な内容としては、体温、血圧、脈などの測定、注射や点滴、採血などの治療の補助、その他お風呂や食事、病室のベッド管理など身のまわりの世話をします。
介護者の入浴や排せつ、着替え、食事など身の回りの援助と共に話し相手として相談や世間話などメンタルケアをおこなうのが重要。
また介護の指導、助言を本人やご家族へおこない、介護の環境づくりもします。
国家
資格
看護師国家試験
保健師助産師看護師法により規定
介護福祉士国家試験
社会福祉士及び介護福祉士法により規定
きまって支給する現金給与額※1 328,400円 218,900円※2
平均
年齢
38.0歳 38.7歳※2
勤続
年数
7.4年 5.5年※2

※1 きまって支給する現金給与額とは、手取りの金額ではなく調査期間中に支払われた現金給与額のこと。基本給、職務手当、精皆勤手当、家族手当が含まれるほか、時間外勤務、休日出勤等超過労働給与も含む。また賞与その他の臨時の給与及び現物給与は含めていない。
※2 福祉施設介護員の数値を記入

※出典 厚生労働省:常勤労働者の男女比、平均年齢、勤続年数及び平均賃金

看護職、介護職の違い

看護職と介護職
  看護職 介護職
職員の
種類
看護師
准看護師
助産師
保健師
介護福祉士
ホームヘルパー
ケアマネジャー
看護師
主な
働き
場所
施設 人数 割合 施設 人数 割合
病院 944,640人 61% 入所系※3 83,6000人 49.6%
診療所 320,800人 21% 通所系※4 32,0000人 19.0%
助産所 1,850人 0% 訪問系※5 48,5000人 28.7%
訪問看護ステーション 33,649人 2% 小規模多機能型居宅介護など 4.5000人 2.7%
介護施設等 151,102人 10%  
学校等 29,491人 2%  
その他 12,027人 1%  
保健所 8,857人 1%  
市町村 35,397人 2%  
合計:1,537,813人※1 合計:168,6000人※2

※1 平成24年度に調査した数値
※2 調査方法の変更等による回収率変動の影響を受けていることから、厚生労働省(社会・援護局)にて補正した平成24年度のもの。
※3 利用者が施設へ入所し支援を受けるサービス。特養や有料老人ホーム、老健などがある。
※4 利用者が施設まで通い支援を受けるサービス。基本的に日帰り。デイサービスやデイケアなどがある。
※5 自宅まで介護職員に来てもらい支援をしてもらうサービス。訪問看護や訪問リハビリステーションなどがある。

※出典 厚生労働省:看護職員の就業場所
※出典 厚生労働省:介護保険制度施行以降の介護職員数の推移

看護職は大きく分けて4つ。さらにそこから細かく種類が細分化されます。
介護職は幅広く種類があり、その中には看護師も入っています。その他、相談員や薬剤師、栄養士など介護に関わる職種が全て入ってきます。

まとめ

それぞれの比較をみてどうでしたか?
”看護と介護”、同じような言葉ですがその役割も意味も違っていました。ここでもう一つちょっとだけ看護と介護で違いが出ることをご紹介。国が定める制度で”看護休暇”と”介護休業”があります。

子の看護休暇制度(法第16条の2、第16条の3)
 小学校就学前の子を養育する労働者は、申し出ることにより、1年に5日まで、病気・けがをした子の看護のために、休暇を取得することができます。
介護休業制度 (法第11条~第15条)
 労働者は、申し出ることにより、要介護状態にある対象家族1人につき、常時介護を必要とする状態ごとに1回の介護休業をすることができます(一定の範囲の期間雇用者も対象となります)。期間は通算して(のべ)93日までです。
※出典 厚生労働省:育児・介護休業法のあらまし

このように看護と介護で支援する対象者が変わってきます。ご参考にしてくださいね。

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status