• 第三のナースコール『Yuiコール』

    第三のナースコール『Yuiコール』

  • 第三のナースコール『Yuiコール』

    第三のナースコール『Yuiコール』

  • 第三のナースコール『Yuiコール』

    第三のナースコール『Yuiコール』

低価格で多機能、そして使いやすい第三のナースコール

第三のナースコール「Yuiコール(ユイコール)」は、「ナースコール」「コードレス」「電話装置」が一体となった新しいナースコール。 3つのシステムの一体化により、これまでにない「低コスト」と「高機能」「拡張性」を実現しました。
『Yuiコール』のメリット
『Yuiコール』のメリット
『Yuiコール』のシステムイメージ
履歴管理ソフト
生活状態見守りシステム
介護記録システム
安心の低価格
オールインワンだから「ナースコール」「電話設備」ともに大幅削減 「ナースコール」、「電話設備」、「ハンディーナース」などのシステムを一元化しました。それにより施設システムの機器価格を削減、 工事を削減できるので総合コストを大幅に削減することが可能になりました。

システム総額大幅削減 ※電話設備、関連工事費用も含めたシステム全体の工事費としての事例参考価格。実際は、システム構成や規模により前後します。詳しくはお問合わせください。
電話設備・ナースコールの機器価格を削減
電話システム一体化による電話設備の導入する価格+αの低価格を実現
施設運営に必ず必要となる電話システムを一体化。見守りナースコールの導入を制御装置ひとつで済むため導入する価格を抑えることができます。

設置工事費、工程期間を削減
ワンシステムによる工事期間の大幅短縮で工事費の削減を可能に
ワンシステムだから、工事期間も大幅に短縮。期間が短くなることで工事費の大幅な削減も可能になります。

既存設備連携で入替コストを削減
既存ナースコールと連携することで入れ替えのコストを削減
アイホン(株)、(株)ケアコムなど、既存のナースコールとの連携が可能。だから、ハンディーナース(PHS)の追加も低コスト。 古くなったシステムの段階的な入れ替えや、一部専用区画のみの導入も可能です。


充実の高機能
ナースコールシステムの基本機能にプラスαの機能や拡張性を実現 Yuiコールなら、「呼出」「応答(表示)」の他にハンディナースや停電対策、各種センサーとの連動など、優れた機能や拡張性があります。近年需要が増えているスマートフォン連動にもいち早く対応。PC管理により、大型モニタへの呼出表示や、呼出履歴の管理、外部記録システムとの連動などが可能です。

緊急呼び出し基本機能にプラスα Yuiコールなら、見守りナースコール(緊急呼出・通報)システムで基本的な「呼出・応答」「表示灯表示」などの機能以外に様々な機能や拡拡張性があります。
スマートフォン内線化
呼出しボタンからスマートフォンを直接コール、PHS変わりに使用可能
居室内の呼び出しボタンからスマートフォンを直接コール。施設の電話から施設内だけでなく施設外の スマートフォンを内線として呼び出し、相互通話もできます。(通話料は無料=定額内)

呼出し表示、履歴管理
表示盤の機能と記録の履歴管理をパソコンに集中管理
表示盤の機能をまるごとソフトウェア化。呼出状況を大型モニタに表示するだけでなく、履歴を保存し、記録管理システムとの連携も可能です。

見守りカメラの設置で安全の向上
居室や廊下等に見守りカメラを設置することで安全面の向上を図る
入居者の安全を確認するため廊下やロビー、食堂に見守りカメラの設置。また呼出ボタンを押されたと同時に居室の様子を画面上に表示させることも可能です。

無線接続の押しボタン呼出装置
配線工事が不要の無線型呼出しボタンでレイアウトフリーを実現
無線押しボタンを呼出端末なら増床やレイアウト変更にも便利。既存施設への入替も配線工事が不要の無線方式 なら大幅な改修工事なしで可能です。

標準仕様で停電対策
3~4時間の停電対策が標準仕様で可能
Yuiコールなら別途大規模な発電設備は不要で3~4時間の停電対策が可能。「いざというときに使えない」ということが無いように「安心・安全」を確保できます。

入退室管理システム
指紋認証や顔認証、IDカードなど様々な入退室管理システムを選べる
自動ドア連動システム、電気錠システムと環境に合わせた入退室管理システムの接続が可能。指紋認証や顔認証IDカードなどセキュリティ解除方式を選ぶことができます。


信頼の実績
登場以来、小規模施設を中心に多数の施設にご採用いただいております。 Yuiコールは小規模施設を中心に、さまざまな形態の施設に導入されています。

導入済み施設数 2010年の登場以来、小規模施設をはじめ、さまざまな規模、機種の施設にて導入いただいております。
納入先の種別と規模