介護向け低価格高機能ナースコール「Yuiコール」
家庭用ナースコール

スマホ呼出しで介護を助ける家庭用ナースコールを徹底比較!

「親の介護はできるだけ家庭でおこないたい!」「日中は仕事へ出かけているからずっと見ていられない。」「訪問介護サービスで介護スタッフに来てもらうようにしているけど、いない時が不安。」そんな悩みを持っている方にオススメしたい在宅介護に役立つ家庭用ナースコールをご紹介。
そもそも家庭用ナースコールって何?ほんとに必要なの?そんな疑問を持っている方も一読して貰えれば、家庭用ナースコールを理解できます。また安価で購入できる簡易家庭用ナースコールからスマートフォンを呼び出せる商品まで比較して載せます。是非お役立てください。

家庭用ナースコールの需要について

高齢者が増えている高齢化社会という現状、2025年※1には65歳以上の人口が5,836万人に増えるとデーターが出ています。10年で比べると8.6%高齢者の割合が増加し、より介護施設への入居が難しくなります。介護環境の実情としても、高齢者は自宅での介護を望んでおり、これからの時代、在宅介護の需要は高まっていくでしょう。

介護を受けたい場所※2
介護を受けたい場所

在宅介護で大事なこと

家庭にいるなら安心だ。そう思う方もいるかもしれません。しかし実際、高齢者の多くが家庭で怪我をしています。また高齢であればあるほど自宅でのケガがそのまま重症化し、最悪命を落とす危険性まで含みます。特に転倒・転落はよくある重症化しやすい事故として注意が呼びかけられています。
では、どういう所で高齢者はよく怪我をしているのでしょうか。自宅に潜む危険地帯は下記の通りです。

家庭に潜む危険地帯※3

  • 居室 45%
  • 階段 19%
  • 台所・食堂 17%
  • 玄関 5%

早期発見で高齢者を守る

家庭であっても、高齢者がひとりで居る時のケガは、発見が遅くなり重症化するケースがあります。自分から連絡することが出来ない状態の場合もあり、高齢者のケガや病気による不調は早めに発見することが大事です。
そこでお使いいただきたいのが今回ご紹介している家庭用ナースコール。では家庭用ナースコールとはどういったものかお話しいたします。

家庭用ナースコールとは

家庭用ナースコールを簡単に言えば”病院のナースコールの簡易版”と考えていいでしょう。呼び出しボタンを押すことで通知端末を持っている相手に知らせることができます。名称としては緊急コールや緊急通報システム、介護コール、ワイヤレスコールなど様々な呼び名があります。ここでは2パターンにジャンルを分け仕組みを説明、またセンサー連携の使い方についてお話します。

自宅内へ連絡する家庭用ナースコール

家庭内だけで使用

無線機のようなイメージで親機と子機を電波でつなぎ相互通話を可能にします。基本的には親機から見通し100M以内なら呼び出し可能な場合が多いです。また、途中に受信機があり、電波を中継するものもあります。

自宅外へ連絡する家庭用ナースコール

自宅外でも使用

親機と子機が電波でつながっているのは上記と一緒ですが、通知を電話回線に乗せ、指定した電話へ着信させることができます。これにより、外部にいる家族や介護職員へ連絡を入れられます。

センサー連携による様々な見守り

家庭用ナースコールの中にはセンサーと連携できるものがあり、そのセンサーの種類で様々な見守りをおこなうことができます。例えばトイレで人が入ってから長時間動きがなかった場合、通知する使い方です。他にも徘徊を知らせる、火災を知らせるなどセンサーによって通知する内容を変えられます。

家庭で役立つセンサーの種類
センサー
  • 人感センサー:人の熱を感知して知らせる。徘徊対策に良い
  • 火災センサー:煙や熱を感知して知らせる。火事対策に良い
  • ライフリズムセンサー:一定時間動きがなかった時に知らせる。事故対策に良い
  • 温度・湿度センサー:異常な温度、湿度になった時に知らせる。不調回避に良い
※接続できるセンサーは製品によって変わりますのでご確認ください

家庭用ナースコール徹底比較

家庭用ナースコールを取り扱っているメーカーを表でまとめました。予算はいくらまでかけれるか、呼び出し時にどこへ発報させたいのか、センサーの連携は考えているのか等を念頭に入れ製品の比較をご覧ください。

比較表でらくらくチェック

メーカー名 商品名 相互通話 持ち運び センサー
連携
スマホ
呼び出し
予算
よべーる(エクセルエンジニアリング)▶ よべーる6200 × 5万以下
【備考:シンプルな機器。映像を映せる端末付きの商品もある。】
リーベックス ▶ ワイヤレストーク × × 2万以下
【備考:とてもシンプルな機器。呼び出しをしたいだけの方には値段もお手頃なので良いかも】
竹中エンジニアリング ▶ 小電力型ワイヤレスシステム緊急呼出しセット × × 10万以下
【備考:センサーで有名な竹中が出しているワイヤレス機器。子機は防水仕様。様々な種類のセンサーと接続できる】
日本アンテナ ▶ ドコでもルームホン × × 2万円以下
【備考:安く購入できるが相互通話のみの機器】
panasonic ▶ ワイヤレスコール × 3万円程
【備考:大手メーカーだから安心して使える。様々な形の呼び出しボタンを選べる。】
昭和貿易(SHOWA)▶ スマートホンコードレス × × 4万円程
【備考:簡易的な作り。相互通話ができない機器のセットはもっと安く入手できる】
岩崎通信機(IWATSU)▶ Smart-REACH 9万円以下
【備考:ビジネスホンのメーカーである岩崎通信機が出している機器。値段は高めだが安心して使用できる】
NTT ▶ シルバーホン あんしんSVI 4万円以下
【備考:NTTが出している緊急通報システム。スマホへの呼び出しも可能で金額もお手頃なのでオススメの品】
アイホン ▶ 緊急通報装置 9万円以下
【備考:介護施設のナースコールも作成しているアイホンが作った在宅で使用できる装置】
※製品の詳細はメーカー名のリンクからご確認ください。

安価でスマホも呼び出せるオススメ家庭用ナースコール

NTTの家庭用緊急通報ボタン『NTTシルバーホン』

NTTが販売している緊急通報装置。大手メーカーだからこそ安心して使用できるうえ他のスマートホン呼び出し機器より安価に導入できることが特長。また人感センサーやライフリズムセンサー、火災センサーなどセンサー連携も可能。その他下記のようなこともできます。

9ヶ所順次通報

「非常」ボタンをワンプッシュするだけで緊急通報を発信して通話が可能。ご家族の連絡先などあらかじめ登録した9ヶ所の通報先に順次通報します。

留守番電話にも対応

第一通報先が留守番電話中でも通報を完了せずに第2通報先へ巡回通報。確実に通報を実現します。

電源切れを自動にお知らせ

「停電」「停電復旧」「電池切れ」などのトラブルを感知して、自動で通報先に通報できます。

光回線対応

安心シリーズとして初のひかり電話回線にも対応するため、お客様がご利用になる回線を気にせず幅広くご利用いただけます。

高齢者のための在宅介護用緊急通報ボタン『NTTシルバーホン』
お年寄りの一人暮らしを安全にサポートする在宅介護用、簡易型緊急通報ボタン『NTTシルバーホン』。押しボタンが大きい置型装置とワイヤレス押しボタンでお年寄りでも使いやすい仕様です

見守りカメラで様子を確認

見守りカメラと家庭用ナースコールを同時に設置することで、呼び出しがあった場合、すぐ状況確認ができます。これにより高齢者の状態や誤送の確認ができ、より安心して在宅介護をおこなえます。

まとめ

ひとり在宅介護には電話通報できる家庭用ナースコールを

常に高齢者を見ることができる状況なら、安価な自宅内だけで呼び出しがおこなえる家庭用ナースコールでいいでしょう。部屋にいながら、呼び出しや会話ができるので、困ったときにそれで解決することができます。
しかし、自宅で高齢者がひとりになってしまう場合は、スマートフォンなど外部へ電話で呼び出せる高機能な家庭用ナースコールをオススメします。
また、高機能な家庭用ナースコールなら、センサーやカメラなどと連携を取ることができ、ひとり在宅の高齢者をきめ細かく見守ることができます。
家庭用ナースコールを入れることで、すぐに呼び出せる状況を作り、高齢者や見守るご家族の方、どちらも安心できる環境を作っていきましょう。

出典

※1 厚生労働省:今後の高齢者人口の見通しについて
※2 内閣府:第1章 第2節 3 (2)高齢者の介護
※3 国民生活センター:【衣装機関ネットワーク事業からみた家庭内事故-高齢者編-】
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status