介護向け低価格高機能ナースコール「Yuiコール」
ナースコールボタンの種類

ナースコール呼出しボタンの種類を要介護度別に分けてご紹介!

病院だけでなく介護施設にも必要なナースコールは、入居者の緊急を知らせる大切な機器です。そんなナースコールですが、実は呼出しボタンの種類が多くあることを知っていましたか?近年では介護施設の種類も増え、高齢者の要介護度や認知症の進み具合など様々なケースに対応した物が求められるようになりました。そういった需要から、ただ押して呼ぶだけではなく、入居者がより呼びやすい物に変わってきているのです。
ここではそんなナースコールの呼出しボタンを対象者別に分けてご紹介したいと思います。

要介護度1~3の方にオススメなナースコール呼出しボタン

まず最初に紹介するのは要介護度1~3と比較的自分で行動できる人用の呼出しボタンです。まだ居室内を自由に移動でき、呼出しボタンを押す圧力も低下していない人を想定。行動の邪魔にならない呼出しボタン、安価に設置できる呼出しボタンなど特長があります。

相互通話も可能な居室用呼出しボタン

相互通話も可能な居室用呼出しボタン

一番良く見かけるタイプのナースコール呼出しボタンです。ベッド脇へ設置しており、特長としては呼び出し時にスタッフと相互通話が可能であったり、握るだけでも呼出せたりする点です。よく使われるタイプなので、価格としても安価なものが多くあります。

トイレや脱衣所に防水型呼出しボタン

トイレや脱衣所に防水型押しボタン

こちらも見かけることが多い防水型のナースコール呼出しボタンです。特に水回りであるトイレや脱衣所に設置してあり、呼出すだけのシンプルな作りになっています。通話は基本的にできません。

いつでも呼べるペンダント型無線呼出しボタン

いつでも呼べるペンダント型無線呼出しボタン

常に呼出しボタンを携帯したい入居者にオススメなのが、このペンダント型呼出しボタン。この呼出しボタンは無線で通知するため、電波が届く範囲ならどこにいても呼び出すことができ、入居者の自由を確保しながら緊急対策をはかれます。首からぶら下げるペンダント型なので、邪魔にならず持ち運べることも特長のひとつです。

【番外編】居室の様子を確認する見守りカメラ連動呼出しボタン

居室の様子を確認する見守りカメラ連動呼出しボタン

今、介護施設でも注目されているのがナースコール呼出しボタンを押した際、居室の様子を映し出す見守りカメラ連動呼出しボタンです。この見守りカメラ連動呼出しボタンのメリットは、入居者の状態をすぐに確認できることです。緊急通報時に入居者の状態を見ることで、緊急度の確認や相手との通話に安心感を与えられます。

要介護度4~5の方にオススメなナースコール呼出しボタン

ここでご紹介する呼出しボタンは、自力で呼出しボタンを押すことが困難になってきた方にオススメする機器です。通常の呼出しボタンと違い足や息など、手を使わなくても呼び出せるものが主になります。

足や腕で押せる呼出しボタン

足や腕で押せる呼出しボタン

握る力がない方でも呼び出せるのがこのナースコール呼出しボタン。大きなボタン部分に腕や足を使い押すだけで、スタッフへ呼出しをかけることができます。

触れるだけで呼出しタッチ式コール

触れるだけで呼出しタッチ式コール

センサー部分へ指先や頬、舌など軽く触るだけで感知し、ナースコールを呼出してくれます。力を入れなくてもいいので、体がうまく動かせない方でも安心して使えます。

かざすだけで通知できる光センサーコール

かざすだけで通知できる光センサーコール

センサー部分に手をかざすだけで通知をおこなってくれるナースコール呼出し機器。非接触タイプなので体の動きが定まらず、決まった位置をうまく触れない方にオススメです。

息を吹きかけるだけで感知する呼吸型呼出しコール

息を吹きかけるだけで感知する呼吸型呼出しコール

こちらは体が動かなくてもナースコール呼び出しができるタイプのもので、息に反応してスタッフへ通知します。また息だけでなく声に反応するタイプもあり状況に合わせて選ぶことができます。

【番外編】ベッドからの転落を知らせる呼出しセンサー

要介護度の高い高齢者はベッドから移動する際、転落するおそれがあります。しかし転落したことをすぐに知らせることができず、発見が遅れてしまうことも。そこで転落時、自動で通報してくれるのがマットセンサー。ベッドの下に置くことで安全性を高めることができます。他にも手すりに手を置くことで通知するセンサーもあり、高齢者が移動しようとする前に介助をおこなえます。

認知症の方にオススメなナースコールセンサー

認知症の方は問題が起こった時呼出しボタンを押すことができなかったり、何もない時に何度も押してしまったりと対応が難しくなります。そこでオススメしているのがセンサーによる呼出しです。センサーなら行動による通知なので、何か問題があった時だけ呼出すことができます。

徘徊対策に人感センサー

徘徊対策に人感センサー 赤外線や超音波、可視光などを利用して人の動きを検知する人感センサーは、出入口付近に設置することですぐに外へ出たことが通知されます。このように夜間、センサーをONにするだけで徘徊対策ができます。

徘徊対策に窓センサー

徘徊対策に窓センサー 認知症の徘徊は、ドアからの脱出だけでなく窓から外へ出る方もいます。居室の窓だけでなく施設の1階の窓は全て危険と見ていいでしょう。そこで対策として役に立つのが窓センサー。窓の開閉を検知し、どこの窓が開けられたのかを介護職員に知らせることができます。

まとめ

見守りとしてのナースコール

介護施設が増えた今、施設価値を高める工夫が必要になってきています。施設価値向上対策のひとつとして、介護施設で重要なナースコールを見直してみてはどうでしょうか。入居者の状態に合わせた呼出しボタンを選ぶことで、常に呼び出し易い環境を作り、入居者に安心を与えるだけでなく、事故を未然に防ぐこともできます。特にセンサーを使用した呼出しボタンは日々進化をしており、最近ではバイタルチェックを自動におこない問題を検出、通知するものも出てきました。
これからのナースコールはただ押して呼ぶだけの機器ではなく、入居者の安全を見守るシステムとして活躍するかもしれません。

▼バイタルチェックも可能な呼出しに関してはこちらのコンテンツも読んでみてください。
生活状態見守りシステム(介護施設を見守るナースコール)
介護向け見守りシステムで、介護施設入居者の生活全般を総合的に見守ります。心拍数、呼吸数、温度、湿度、離床、徘徊等のセンサーが24時間365日見守るので、スタッフの業務を低減と精細な見守り対応が可能になります。

▼ナースコールの仕組みって?どういう動作をするの?そんな疑問をお持ちの方はこちら
読むだけで分かる、ナースコールの仕組み・種類・使い方!
介護施設を開業するために必要なナースコールシステム。しかし一言でナースコールと言っても実は色々な種類があるのを知っていますか?ここではそんなナースコールの基本的な使い方、ナースコールの種類、そして仕組みについてお話します。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status