介護向け低価格高機能ナースコール「Yuiコール」
高齢者

介護施設の運営者様へ!介護用カメラを用いた高齢者虐待対策

介護施設を運営している中で気になるのが一部介護施設職員による虐待のニュースではないでしょうか?
最近では「施設環境は大丈夫なのか」、「しっかり親の面倒を見てくれるのか」が施設を選択する際の重要項目と考える人が増えています。そういった経緯から施設として”虐待のない安心して預けられる場所”ということを、入居者やご家族に示すことが重要になります。
それでは介護施設による虐待の現状、そして虐待のない施設を理解してもらうためにはどうしたらいいのかを考えていきたいと思います。

介護施設の虐待は増加傾向に

厚生労働省が調査した介護施設の虐待について

養介護施設従事者等※Aによる虐待判断報告
  虐待判断件数※B 相談・通報件数※C
26年度 300件 1,120件
27年度 408件 1,640件
増減(増減率) 108件(36.0%) 520件(46.4%)

※A 介護老人福祉施設など養介護施設又は居宅サービス事業など養介護事業の業務に従事する者
※B 高齢者の世話をしている家族、親族、同居人等
※C 調査対象年度(平成27年4月1日から28年3月31日まで)に市町村等が虐待と判断した件数(施設従事者等による虐待においては、都道府県と市町村が共同で調査・判断した事例及び都道府県が直接受理し判断した事例を含む。)

27年度に出された要介護施設従事者等による虐待判断件数が調査結果として出されました。※1前年度に比べ虐待判断件数は36%増、相談・通報件数は46.4%増と共に増加しており、問題が広がっていることがわかります。

ではどのような施設でどういう虐待がおこなわれているのか、少し細かく見てみましょう。

特別養護老人ホームの身体的虐待が問題に

虐待の事実が認められた施設・事業所の種別

施設名称 件数 割合(%)
特別養護老人ホーム 125 30.6
有料老人ホーム 住宅型 39 9.6
介護付き 46 11.3
認知症対応型共同生活介護 65 15.9
介護老人保健施設 37 9.1
訪問介護等 25 6.1
通所介護等 24 5.9
短期入所施設 19 4.7
小規模多機能型居宅介護等 7 1.7
介護療養型医療施設 6 1.5
養護老人ホーム 5 1.2
軽費老人ホーム 3 0.7
居宅介護支援等 2 0.5
その他 5 1.2

高齢者虐待の種別の割合

  身体的虐待 介護等放棄 心理的虐待 性的虐待 経済的虐待
人数 478 100 215 19 93
割合(%) 61.4 12.9 27.6 2.4 12.0

※複数回答
※割合は、被虐待高齢者が特定できなかった22件を除く386件における被虐待者の総数778人に対するもの。以降の表も同様。

ここで上の表を見てみましょう。表を見ると分かるのですが、一番問題が起こっている施設は特別養護老人ホームです。虐待の内容は身体的虐待が多く、統計※2によれば要介護度が高ければ高い程虐待がおこなわれる率が高まります。それだけ要介護度が高い介護というのは、介護職員へストレスを与えやすいということが分かります。

施設利用者のご家族の中には、居室に監視カメラを付けたいと思う人も

親が施設に入っており度々痣をみかけるようになった。職員に聞くと入居者本人が不注意でぶつけてしまったものと説明を受けたがどうにも気になる。できれば室内に監視カメラをつけて実際に介護が行われている状況を見たいのだが、これってやっていいのでしょうか?

こんなご家族からの意見があります。実際、本人の不注意による怪我なのかそれとも意図的に介護職員がおこなった怪我なのか、それはわかりません。しかしこのようなことがあったことによりご家族が施設に対して不信感を抱いたことは事実です。

では虐待が増え不信感を持つ利用者が高まる中、施設としてどのように対処すればいいのか考えていきましょう。

大事なのは見える化、介護用カメラを使った安心提供

家族にも安心を。介護用カメラを居室に設置。

利用者のご家族が気になってカメラを付ける、そんな事態になるよりも施設として介護用カメラを活用したほうが色々と利点になります。

2つの利点

  • 虐待の抑止力
    カメラを意識することで職員の勤務姿勢の向上が期待できます。結果として虐待への抑止力としての効果も期待できます。
  • 職員の業務負担軽減
    介護用カメラをナースコールと連携させることで、入居者の様子をモニターで確認しながら対応できるようにします。映像により対応の緊急度が判断できるため、介護職員の負担を軽減することができます。

施設の見える化を。関係者にも見える場を提供。

子供が遊んでいる様子をスマートフォンから見れる、そんなサービスを提供している幼稚園があります。これは日中の様子を見ることで、預けている親御さんが安心できるためのサービスです。このように預ける側として『日中何をしているのか』、『楽しく過ごしているのか』ということがとても大事になります。
そこで共同生活室や談話室など共有の場を施設利用者のご家族がどこからでも見えるようにすることで、親が生き生きと過ごしている様子を見せるのはいかがでしょうか。見えるサービスを提供することで介護施設の透明化を図り、ご家族にも”安心して預けられる”という印象を与えられます。

施設の危機管理を。トラブル対策に。

入居者に怪我があった場合、残念ながら職員による虐待を疑われる場合もあります。そこで職員を守るために使えるのが介護用カメラ。介護用カメラで状況を録画しておくことで、何か問題が起こった時の証明にも使えます。
プライバシーに関しては、管理者しか閲覧できないようロックすることもできます。

見守りカメラで虐待対策!老人を守り介護施設の価値を高める
虐待の問題は介護業界では無視できない事項のひとつです。虐待を防ぎ、不安を持つご家族や入居者に安心を与えるためにも虐待対策を検討しませんか?ここでは介護施設の虐待対策のための見守りカメラシステムをご紹介します。

▲詳しいシステム構成、提案内容を確認したい方はこちらの記事をお読みください。

防犯カメラは助成金の対象に。介護用カメラを入れるなら一緒に導入がお得

平成28年、厚生労働省が介護施設に向けて防犯カメラを助成対象※3にしました。これは介護施設に防犯対策が必要だと、国が判断したからです。各自治体も防犯カメラに対して来年、再来年度分の補助金対象告知をしており、防犯カメラの設置がしやすくなっています。
そこでこの期を利用して防犯カメラと介護用カメラを同時に設置してみませんか?同時にカメラ設置をおこなうことで、カメラの台数が増え1台の単価が安くなります。さらに工事も同時におこなえるので設置工事金額を抑えることも。

31年度の補助金対象地域を紹介

豊中市:社会福祉施設等施設整備費(国庫補助事業)について
神奈川県:平成31年度障害福祉施設等施設整備費補助金 協議対象事業の募集について

施設のある自治体のホームページに掲載がない場合、直接お問い合せにて確認してください。また応募期間が限られているので気になった方はすぐに調べることをオススメします。

まとめ

介護施設運営において大切なことは、信頼関係です。施設に対する信頼、職員に対する信頼が崩れれば施設から人が離れていってしまいます。
カメラ設置に関しては「監視」というマイナスイメージがありましたが、センサーやナースコールとの連動で、必要な時だけ表示させることや、録画サーバにセキュリティ対策を行うことでプライバシー対策も出来るようになっています。
「監視」ではなく「見守り」のカメラを導入することで、施設を透明化し、入居者や預けるご家族にも安心してもらえるような環境作りをしてみませんか?

出典

※1 厚生労働省:成27年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果
※2 厚生労働省:平成26年度の高齢者虐待の対応状況等を把握
※3 厚生労働省:平成28年度厚生労働省第二次補正予算(案)の概要
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status