【VPN(拠点間仮想専用網)構築】

社内間の情報の共有、外部機器へのリモートアクセスなど高セキュリティな通信網でデータを守るVPNシステム。拠点間でデータのやり取りを安全に行うことができる相互通信網VPN。安心の低コスト導入で会社のネットワークを守ります。
高セキュリティな通信網でデータを守るVPNシステム。VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略で、離れた拠点間でのやり取りを安全に行うことができる相互通信網VPNを構築します。安心の低コスト導入で会社のネットワークを守ります。
本社と支店など離れた拠点間を安全な通信網で繋ぐVPNシステム
VPNのメリットは社内のデータを暗号化して外部から安全にアクセスできるようにすることです。VPN同士でつなげている機器以外からの干渉を防止することで情報漏洩や不正アクセスなど社内に害になる脅威から大切なデータを守ります。またデータのやり取りをするための速度も早くなりますのでスムーズに業務を行うことができます。

高セキュリティだから安心してやり取りできる!

VPNシステムの利用例

  • VPNで社内間の情報の共有

    サーバーに全社員のスケジュールや受注・発注のデータ、お知らせ、共有したいファイルを載せれば各社員が情報の共有、リアルタイムで社員の動きを知ることができます。これにより社員の意識統一や行動の把握など業務の効率を向上させます。

  • VPNでスマホからもアクセス

    自分が携帯しているスマートホンや自宅にあるパソコンからサーバにアクセスし、どこからでも社内の資料を閲覧することができます。これにより客先で社内にある提案資料を表示させたりと様々な用途で使用可能です。

  • VPNで外部機器へのリモートアクセス

    別拠点のプリンタへ資料を直接印刷できるのでFAXをしなくても資料を送ることができます。またパソコンをリモートアクセスすることで別拠点の資料を閲覧することやパソコンを使っての遠距離作業をすることができます。

ランニングコストは回線費用のみ!

一度設置すれば後は回線料金(固定IPやネット接続料金等)だけで使い続けることができます。

∴2拠点の場合
VPN2拠点の場合 2拠点間でVPNを構築した場合の初期費用と月額経費
∴5拠点の場合
VPN5拠点の場合 5拠点間でVPNを構築した場合の初期費用と月額経費

※1:インターネット接続料金(ONUなどの利用料)は含まれていません。
※2:接続する場所、地域等により金額は前後します。


VPNシステムの構成図

VPNシステムのイメージ

各拠点ルーター配下のネットワーク機器同士を、インターネットを通じた専用線としてVPNシステムが構築されます。

┃VPN製品ラインナップはこちら。 >>

YAMAHA ギガアクセスVPNルーター RTX1210 RTX1200 性能

インターネット電話対応のVoIPルーター NVR500 NVR500 性能