IDSとは│ネットワーク関連用語集

IDS(●読み:アイディーエス ●スペル:Intrusion Detection System)


IDSとは、Intrusion Detection Systemの略で不正侵入検知システムのこと。
ネットワーク型IDS(NIDS)とホスト型IDS(HIDS)があります。ファイルの改ざん検知の機能を持つ製品もあります。
IDS(不正侵入検知システム)はネットワークを流れるパケットを監視します。 ファイアウォールと同じようなものと勘違いしてしまいそうですが、ファイアウォールがあらかじめ設定したポートレベルの進入だけを防ぐのに対し、IDS(不正侵入検知システム)は通過するすべてのパケットを監視することで、ファイアウォールをすり抜けてしまう不正通信を検知します。

IDS/IPSと対で表されることもありますが、これは検出/遮断ということで、IPS(Intrusion Prevention System)は不適切な通信を遮断する機能。
ファイアウォールとセットで利用されることがほとんどで、ファイアウォールは開け閉めできるドアで、IDSが不審者を監視する監視カメラ、IPSが通過を阻止するためのガードマンと例えられます。

関連記事

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status