P2Pとは│ネットワーク関連用語集

P2P(●スペル:Peer to Peer)


P2Pとは、Peer to Peer(ピアツーピア)の略で決まったまったクライアント、サーバを持たず不特定多数のコンピュータが相互に接続されネットワークの形態。
P2Pソフトウェアには1999年に現れたNapsterをはじめとして、Gnutella、WinMX、Winnyなどがあり、最近ではWinnyによる情報漏えいが社会問題になっています。
P2Pそのものは違法ではありませんが、そこで著作権のあるデータの共有や個人情報等の漏洩がなされる問題視されています。
P2Pはウィルスやスパムなどと異なり、外部からの被害ではなく、会社に持ち込んだ、もしくは持ち出した個人のパソコン経由など、自発的な行動による被害のため抜本的な対策がとりにくいことが問題です。

この場合、管理者がファイアウォールなどでネットワークを随時管理するなどの措置が有効です。

関連記事

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status