まるわかり!UTM(統合脅威管理)100%徹底図解

UTM(統合脅威管理)
UTM(統合脅威管理イメージ) UTMとは、複数の異なるセキュリティ機能を一つのハードウェアに統合し、集中的にネットワーク管理、つまり統合脅威管理(Unified Threat Management)を行うこと。様々な脆弱性を攻撃してくるワームやウイルスなど、企業ネットワークは新たな脅威にさらされています。この脅威に対抗するために有効な製品が、UTMアプライアンスです。
こんな疑問はありませんか?どんな機能があるのか、どういう仕組みなのか、ウイルス対策ソフトとの違いは?どんな部品を選べばいいの?どのくらい金額がかかるの?導入後はどうしたらいい? UTMに関する疑問は全て解決致します!

UTMはどんな機能があるの?

どんな機能があるの?

UTMの機能解答

下記6つがUTMの基本機能として上げられます。製品によって搭載されている機能は若干異なります。

チェックマーク ファイアウォール(不正侵入防止)
ファイアウォール イメージ

パソコンの中にある大地なデータやパスワード、IDなど不正に侵入して抜き取る悪意あるアクセスをガードします。

チェックマーク IDS / IPS(不正パケット攻撃防止)
IDS / IPS イメージ

不正パケットによる攻撃で、サーバへ負荷をかける行為、サービス運休・停止に陥る悪意あるアクセスをガードします。


チェックマーク WEBフィルタリング(閲覧規制)
WEBフィルタリング イメージ

危険なコンテンツが含まれるサイトを閲覧できないように規制することができます。

チェックマーク アンチウイルス(ウイルス対策)
アンチウイルス イメージ

パソコンのデータ改ざん、削除を買ってに行うウィルスを常に新しい更新定義で侵入できないようにします。


チェックマーク アンチスパム(迷惑メール防止)
アンチスパム イメージ

大量の迷惑メール(スパムメール)を仕分けしてメールフォルダに収納。これにより大事なメールを見過ごすことや詐欺メールに引っかかる事がなくなります。

チェックマーク VPNシステム(仮想専用線)
VPN イメージ

VPN(仮想専用線)で繋げることで拠点同士のやりとりやリモートアクセスが安全に行えるようになります。


上記6つを筆頭とした、企業のインターネットゲートウェイに必要なセキュリティ機能(ファイアウォール、IPSsec-VPN、SSL-VPN、アンチウイルス(アンチスパイウェアも含む)、P2P(Peer to Perr)ファイル型交換ソフト対策、インスタントメッセンジャー対策、Webコンテンツフィルタリング対策、IPS、アンチスパム)などを脅威への対策を実現し、WEB閲覧規制・アプリの規制と監視などの内部からの不正も防止します。
▼脅威と脅威に対して有効な機能・対策の一覧
脅威 脅威に対し有効な機能・対策
ファイアウォール IPS Webコンテンツフィルタリング Web・アンチウイルス メール・アンチウイルス アンチスパム
スパムメール
(迷惑メール)
スパイウェア
ボットネット
トロイの木馬
フィッシング
情報漏洩
マスメール型ウイルス
Web型ウイルス
DoS攻撃
P2Pソフト

UTMはどういう仕組なのか?

UTMはどういう仕組なのか?

UTMには(Q1)で上げられたセキュリティ機能がハードウェア1台に搭載されています。

UTMに搭載された機能で、ウィルス対策・迷惑メール防止・VPN(仮想専用線)の構築・不正侵入防止・不正パケット攻撃防止などの外部からの攻撃対策、情報漏洩防止・WEB閲覧規制・アプリの規制と監視などの内部からの不正も防止します。

UTMの機能は、ネットワーク攻撃から守るファイアウォール・IDS/IPS、ウイルスから守るアンチウイルス、迷惑メールや詐欺メールを遮断するアンチスパム、内部不正による脅威の感染を防ぐウェブフィルタリング、アプリケーションコントロールなどが1台に詰め込まれています。

UTMとウイルス対策ソフトとの違いは?

UTMとウイルス対策ソフトとの違いは?

ウィルスソフトは、パソコンに進入したウィルスを駆逐することはできますが、ウィルスの侵入自体を防ぐことはできません。UTMはネットワークの出入口に設置するので、そもそもネットワーク内に脅威を侵入させません。

チェックマークウイルス対策ソフトのみだと
セキュリティ対策ソフトのみの場合、セキュリティ対策ソフトを導入しているPCは保護されますが、社内ネットワーク自体に脅威が潜んでいる場合、脅威の影響を受けてしまいます。
矢印
チェックマークウイルス対策ソフト+UTMなら
UTMを導入すれば、セキュリティ対策ソフトを導入しているPCはもちろんのこと、ネットワーク出入口から保護されるので脅威が社内に入るのを防いでくれます。

また、ウィルスには数十万以上のパターンがあるのにも関わらず、ソフトでは数万程度のウィルスパターンにしか対応していません。UTMとウイルス対策ソフトダブルで導入することで、ウィルス対策ソフトで対応できない脅威を二段構えでシャットアウトすることができます。
▼更に!UTMなら接続される個々のクライアントの環境は問いません!
UTMの接続イメージ図

UTMはネットワークの入り口に設置されるため、WinfdowsとMac等OSが混在した環境でも一括でセキュリティ対策が可能です。また、PC以外のサーバーやNAS、複合機、プリンタ、録画サーバー、ネットワークカメラ等のインターネットに接続された全てのネットワーク機器を脅威から守ることができます。新しいウィルス対策のパターンファイルのダウンロードなども一元的に行うため、ネットワークへの負担も少なくすみます。

UTMはどんな製品を選べばいいの?

UTMはどんな製品を選べばいいの?

UTMは3つのポイントに着目して選択しましょう。

色々なセキュリティ対策ソフト、SS3000・CheckPoint・FortiGate
矢印
UTM選択のポイントは、ユーザー数とトラフィック、搭載セキュリティ機能、メンテナンス・サポート体制です。

1トラフィックやスループットの性能
トラフィックとスループット、アップロードスピードとダウンロードスピード UTMはコンピューターと同じなので、各機能を利用した場合の処理能力が重要なポイントとして上げられます。十分なスループット(時間あたりの処理能力)を持たないUTMを導入すると、インターネットなどデータの送受信に遅延が発生し、業務効率の低下やトラブルの原因となります。自社のUTMに接続するユーザー数とUTMを経由するトラフィック(通信量)を把握した上で、製品を選ぶ必要があります。

2搭載されているセキュリティ機能
搭載されているセキュリティ機能は、アンチウイルス・ファイアウォール・VPN・WEBフィルタリング・アンチスパム・IPS/IDS ファイアウォ-ルやアンチウイルスなど多数のセキュリティ機能が一体化しているUTMですが、搭載されているセキュリティ機能も、メーカー・製品によって多少異なってきます。たとえばスパムメールを自動で迷惑メールに振り分けたい場合、アンチスパム機能が必要となります。標準機能として搭載されているか?メールの件名の頭に表示が追記されスパムメールだと把握しやすくなっているか?など、自社に必要なセキュリティ機能を十分発揮できるUTMかどうか、事前に確認してから購入する必要があります。
3メンテナンス・サポート体制
UTMとサポートセンター UTMはセキュリティ機器なので、故障やトラブルなどがあった場合の対応速度も重要です。製品の評価だけではなく、ベンダーの技術力やメンテナンス能力、緊急対応体制などサポートについてもチェックしておく必要があるでしょう。

UTM導入どれくらい金額がかかるの?

UTM導入どれくらい金額がかかるの?

機種によって多少違いますが、規模によって大まかな価格帯が定まっています。

UTMはどのくらい金額がかかるのか

UTMは各メーカー(ベンダー)から、ハイエンド・ミドルエンド・ローエンドとニーズに応じてさまざまな価格帯の製品が提供されています。
規模や予算に応じて製品を選択できるので、コスト面での負担が小さいと言えます。
機種によって差異はありますが、中小規模ユーザー向けなら標準価格が数十万円程度、というケースが一般的です。販売業者さんによって金額の表記方法が異なるので、注意が必要です。支払い方法としては、基本的にはリース契約で月額で支払う場合がほとんどです。設置費用・サポート費用込みで5年リースいくら、といった形でご提供しています。詳しくはお問い合わせいただければ、御見積出しすることができます。

UTMの導入後はどうしたらいい?

UTMの導入後はどうしたらいい?

UTMもセキュリティ対策ソフトと同じで、ライセンス更新などは必要です。

UTMはメンテナンスチェックも必要です

導入時に購入したらそれで終了ではなく、ネットワークの状態をチェックする定期メンテナンスや、使用可能期間が満了したらUTMのライセンス更新、保守サポートの更新手続きなどが必要です。

矢印 そこで!!UTM導入をご検討の御客様
UTMのことならお任せ下さい
設置の際は専門の業者にお任せください!!
弊社なら御社に最適なUTMをご提案できます。
UTM(統合脅威管理)は、現在さまざまな製品が提供されています。弊社にお任せいただければ、各メーカー・各製品のセキュリティコンセプトや特徴、対応している脅威の内容、実装している機能、処理速度、拡張性などを総合的に評価し、御社システムにふさわしいベンダーと製品を選定致します。
▼お問い合わせ、ご相談は下記電話番号までお気軽にどうぞ
TEL:03-5913-9997

関連記事

☑お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TEL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status