富士ゼロックス複合機DocuCentre C3370

dc4_3060_01

カラーA3複合機:DocuCentre C3370【販売終了】

ゼロックス DocuCentre C3370 画像
モノクロ35枚/分 カラー35枚/分 最大A3 コピー プリント ファックス スキャナー インターネットFAX

特長
DocuCentre C3370

見やすく、押しやすく 8.5型のWVGAカラーTFT採用。見やすさに配慮しパネルに傾斜を与えるとともに、認証から各操作に至る動きを想定しボタン類の配置を変更しました。また、表示はグラフィック表現を多用したうえ、ボタン形状を変えるなどして、より操作しやすくしました。
ゼロックス 画像

タッチポイントを集約

ゼロックス 画像 ブルー色を配した中心部分に操作機能を集約しました。地色の白が周囲と調和しながら、コントラストの強いブルーを採用したことで、オフィスの中で複合機や必要な機能をユーザーがすぐに見つけ、アクセスできるようにしています。

「外部アクセス」で、Web端末へと進化

従来の複合機との違いを特徴づける、ApeosPortの代表的な機能、それが「外部アクセス」です。ネットワーク上のシステムやサーバーに ApeosPortから直接アクセスし、スキャンした文書の格納はもちろん、システム内のファイルの検索・出力をPCを使わずに行なえます。

ジョブフローの登録で、複数作業がワンタッチ

ApeosPortでは、定型的な処理を「ジョブフロー」として登録できます。たとえば、連絡書や通達などをスキャンする際、Eメールで一斉配信しながら、同時にサーバーに格納可能。誰もが容易に実行でき、社内の情報共有を加速させます。

利用実績の集計も可能

入力情報とユーザー情報を照合し、認証された場合のみ、複合機の操作を行なえるようにできます。それにより許可のないユーザーによる操作や不正なアクセスをブロック。また、プリントジョブのユーザー情報はジョブ履歴に残るので、ユーザーごとの利用実績を集計することも可能です。

環境対応

DocuColor 1250での初受賞以来、富士ゼロックスの商品は、省エネ大賞における表彰を11年連続で受賞しています。

本体認証

複合機本体に登録されたユーザー情報により認証します。ユーザー個人や部門ごとに各機能の利用を制限したり、カラーモードや上限枚数などを制限できます。

本体集計管理

複合機本体でユーザー情報を登録し、集計管理を行ないます。カラー、モノクロそれぞれの上限枚数を設定したり、本体利用者別に集計管理レポートを発行することもできます。

複合機の利用状況を確認

ご使用中の複合機でコピー・プリント・スキャンの枚数、ファクス送受信回数などの利用状況を簡単に確認することができる機能別カウンターレポートに、稼動している時間のカウンターが増えます。特別なソフトウエアがなくても、複合機で必要に応じてレポート出力ができます。

スキャン
DocuCentre C3370

70枚/分※ の高速スキャン 全機種共通で、カラーもモノクロも70枚/分※ の高速スキャンを実現しました。カラー原稿かモノクロ原稿かに加え、原稿サイズが何であるかも自動判別でき、大量の紙文書の電子化もスピーディに行なえます。
※当社標準原稿(A4 ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで。

原稿積載枚数110枚※

自動両面原稿送り装置には、原稿を最大で110枚まで積載可能。スキャン作業を迅速化します。
※ ゼロックスP紙。

コピー感覚で手軽にスキャン

ゼロックス 画像 スキャンしたデータはPCやサーバーに直接保存したり、Eメール※ に添付して送れます。プレビュー画面で画像を確認しながら送信できるので、ミスやムダの発生も抑止。認証運用時には、認証ユーザーにスキャン文書の格納先のURLをEメールで知らせることも可能です。
※ Eメール送信には別途メールサーバーなどのEメールを送信する環境が必要。

スキャンと同時にデータ変換

ゼロックス 画像 用途に応じてスムーズに電子化 スキャンデータは、その場でDocuWorks文書やPDF、XPS※1に変換できます。またシングル/マルチページの選択、DocuWorks文書やXPS※1のサムネール付加、Web表示用に適したPDFなど、用途に応じて電子化できます。

OCR処理により※2全文検索も実現

スキャンデータを本体内部でOCR処理することもできます。専用のOCRソフトがなくても、手軽にテキスト情報を含むDocuWorks文書やPDFの生成が可能です。全文検索や文書の再利用に役立ちます。
※1 XML Paper Specificationの略。
※2 オプション。サーチャブルPDFキット、イメージ圧縮キットが必要。

Webブラウザーから取り出し

親展ボックス内に保存したスキャン文書は、Webブラウザーから取り出すことができます。
親展ボックス内の文書は、複合機の操作パネル上にサムネールで表示することもできます。プレビュー表示やページめくりも可能。
ゼロックス 画像

コピー
DocuCentre C3370

各種のコピー機能 アノテーション ページ番号や禁複写などの文字を合成。
ゼロックス 画像
まとめて1枚 2枚の原稿を1枚に。両面コピーとの併用も可。
ゼロックス 画像

まとめて1枚&製本

「まとめて1枚」と「製本」を合わせ、用紙を節約。
ゼロックス 画像

ポスター

1枚の原稿を複数の用紙に分けて拡大コピー。
ゼロックス 画像
製本 中とじできるようページ順を割り付けて出力。
ゼロックス 画像

画像繰り返し

1枚の用紙に指定回数分だけ繰り返しコピー。
ゼロックス 画像

表紙付け

表紙・裏表紙に別の用紙を使用できます。
ゼロックス 画像

 

「らくらくコピー画面」も用意

通常のコピー画面のほかに、基本的な設定項目だけを表示する「らくらくコピー画面」、「らくらくファクス画面」も用意。必要に応じて使い分けられます。 ゼロックス 画像

プリント
DocuCentre C3370

高速プリント 復帰時間の短さに加え、卓越したエンジン性能で、業務の迅速化に貢献します。

高精細1,200×2,400dpiを実現

新エンジンLEDプリントヘッドと富士ゼロックスの独自技術DELCISの採用により、1,200×2,400dpiの卓越した出力解像度を実現します。

カラー、モノクロともにスムーズ

カラー、モノクロともに高速連続プリントを実現します。会議資料やカタログなど、さまざまな用途でドキュメント作成を支援します。 ゼロックス 画像

FAX
DocuCentre C3370

スーパーG3に対応し通信コスト削減※1 アナログ通信においてスーパーG3とJBIG圧縮対応によりA4原稿2秒台電送※2を実現。通信コストを削減します。また、最大でG3×3ポートまで拡張可能※3。送信中の受信や、複数ファクス集約による省スペース化を実現します。複数回線を使った同報送信も可能です。
※1 ISDN/G4対応モデルと、内外線対応モデルの2種類を別途用意しています。搭載しているファクスの機能が異なりますので、詳細は当社営業にお問い合わせください。
※2 A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps:JBIG)送信時。
※3 オプション。ファクスポート増設キット2、G3増設ポートキット2が必要。

ワンタッチなら70件、短縮なら2,000件

ゼロックス 画像 宛先を、ワンタッチボタンに70件まで登録可能。また、最大2,000件まで短縮登録でき、ファクス送信がよりスムーズになります。

受信: 出力せずに画面で確認

ゼロックス 画像 受信したファクス文書は紙に出さず、いったん親展ボックスへ蓄積することが可能です。着信はLEDランプの点灯で知らせると同時に、Eメールでも通知が可能。受信文書はサムネールで確認後、必要な文書だけ出力できるので、ムダな紙出力の削減が図れます。また、受信文書はWebブラウザーから取り出すこともでき、電子での効率的な情報活用を促進します。

送信: PCからもダイレクトに※

PCから直接送信できるダイレクトファクスも可能です。ファクスするために紙で出力する手間を省き、ペーパーレスにも貢献します。
※ WindowsR OSのみ対応。

着信拒否: 迷惑なダイレクトメールなどを排除

受けたくない相手や非通知設定のファクスの着信を拒否できます。不特定に送信されるダイレクトメールなどによる無駄なプリントをなくします。

インターネット、イントラネットで活用可能

インターネットファクス機能※により、Eメールの添付ファイルにして直接送受信できます。一般回線のように距離や時間に左右されず、通信費を大幅削減。また、イントラネット上でSMTPサーバーを経由しない送受信も可能。通信結果をすぐ確認できます。
※インターネットファクス機能では、メールサーバーなどEメール環境が別途必要。また、ご利用のEメール環境により送信ファイルサイズに制限があるなどの制約を受ける場合があります。

IPファクス(SIP)※1 /NGN※2 に対応

IPファクス(SIP)機同士を直接結ぶ※3リアルタイム通信を実現。内線ファクス同様、低コストでの運用が可能です。フレッツ光ネクストの契約ユーザーはひかり対応のIPファクス通信が可能になります。従来のファクスと同様に電話番号で相手先を指定することもできるSIPサーバーとの連携や、VoIPゲートウエイ※4を経由して社外のG3ファクス機と通信することも可能です。
※1 オプション。IPファクス(SIP)キット、増設システムメモリー(1GB)が必要。
※2 オプション。IPファクス(SIP)キット、NGN対応キット、増設システムメモリー(1GB)が必要。
※3 イントラネット内に設置された当社、および株式会社リコー社のIPファクス搭載複合機のJT-T.38機種間でのみ動作します。
※4 IPネットワーク環境やSIPサーバー、VoIPゲートウエイの種類によってはご利用いただけない場合があります。

セキュリティ
DocuCentre C3370

紙に制限コードを埋め込みリスクを低減 コピーやプリント時、複製制限コードやジョブ情報などのデジタルコードの埋め込みを都度指定できます。これにより複製そのものの抑止や、出力履歴の分析が可能に。また、管理者により、デジタルコードを強制的に埋め込むように設定することもできます。
※ オプション。ペーパーセキュリティキットが必要。
※ 文書の複製制限、デジタルコードの分析機能、隠し文字の牽制効果は、常に機能を保証するものではありません。原稿や設定条件によっては、機能が有効に働かない場合があります。
※ プリント時のデジタルコードの任意の埋め込み指示には、別売ソフトウエアのTrustMarkingBasic 3.0~3.1が必要。

ゼロックス 画像

複製制限コード埋め込み※1

複製制限コードが検知された原稿は、コピー、ファクス、スキャンできません。

デジタルコード埋め込み

PaperSecurity Analyzer※2 により、デジタルコードを分析。いつ、どの複合機で、誰が※3出力したかなどを把握することができます。

隠し文字埋め込み

文書に隠し文字を埋め込むことが可能。コピーすると白抜き文字が浮かび上がり、複製制限機能のない複合機でもコピーを抑止できます。
※1 複製制限コードによるコピー、ファクス、スキャンの制限は、オプションのペーパーセキュリティキットを装着した複合機のみの対応です。
※2 別売ソフトウエア。
※3 本体を認証モードにする必要があります。

データを蓄積してムダとリスクを低減

出力の際、複合機にいったんデータを蓄積し、本体の操作パネルでパスワードを入力後に出力する機能を装備。誤ったプリント指示は出力前に中止できるほか、機密文書が目の届かない場所で出力される問題も回避できます。ユーザーが任意に蓄積する「セキュリティプリント」か、すべてのプリント指示を蓄積する「プライベートプリント※1」のいずれかを選べます※2。
※1 プライベートプリントは認証モードでの運用が必要。
※2 セキュリティプリントとプライベートプリントは併用できません。

ゼロックス 画像

隠し文字印刷コピーで不正コピー抑止

ゼロックス 画像 コピーすると文字が浮かび上がるような背景を合成して出力できます。不正コピーによる情報漏えいの抑止に役立ちます。
オプション。複製管理拡張キットが必要。

マネジメント
DocuCentre C3370

外部認証 認証サーバー※1 に登録されているユーザー情報で複合機の認証ができます。また、別売ソフトウエアApeosWare Authentication Management※2 を活用すれば、ユーザーごとに機能やカラーの利用制限を設定したり、認証サーバーに登録されていないユーザーも複合機を使えるように設定できます。
※1 動作保証するサーバーソフトウエアは、Active DirectoryR、NovellR NetWareR 5/6、Domino 6。ICカード連携は、LDAP、ApeosWare Authentication Agent、ApeosWare Authentication Managementの認証システムで可能です。
※2 別売ソフトウエア。

多くのカードに対応

  • FeliCa(フェリカ) ※ソニー株式会社が開発した非接触型ICカード。
  • MIFARE(マイフェア) ※NXPセミコンダクターズが開発した非接触型ICカード。
  • eLWISE(エルワイズ) ※NTTコミュニケーションズ株式会社が開発した非接触型ICカード。
  • ELWISE(エルワイズ) ※NTT研究所が開発した非接触型ICカード。
ゼロックス 画像

基本機能&コピー
DocuCentre C3370

形式 コンソールタイプ
メモリー容量*1 1.5GB(最大2GB)
ハードディスク容量*2 40GB
カラー対応 フルカラー
読み取り解像度 600×600dpi
書き込み解像度 1,200×2,400dpi(多値写真)、600×600dpi(文字/文字写真/写真/地図)
階調/表現色 各色256階調(1,670万色)
ウォームアップ・タイム 28秒以下、主電源が入っている場合は24秒以下(室温20℃)
複写原稿 シート・ブック共に最大297×432mm(A3、11×17″)
複写(用紙)サイズ 最大 SRA3、12.6×17.7″(320×449.6mm)、12×18″(304.8×457.2mm)、
[手差しトレイでは12×19″(304.8×482.6mm)]
最小 A5、
[手差しトレイでは郵便はがき(日本郵便製)、封筒:長形3号(120×235mm)]
画像欠け幅 先端4mm以内、後端2mm以内、奥/手前2mm以内
複写用紙*3 トレイ 60~256g/m2
手差しトレイ 55~280g/m2
ファーストコピー・タイム モノクロ:4.9秒(A4ヨコ/モノクロ優先モード時)、
カラー:6.4秒(A4ヨコ/カラー優先モード時)
複写倍率 等倍 1:1±0.7%
固定倍率 1:0.500、1:0.707、1:0.816、1:0.866、1:1.154、1:1.225、1:1.414、1:2.000
任意倍率 1:0.25~1:4.00(1%きざみ)
連続複
写速度*4
A4ヨコ/B5ヨコ モノクロ:35枚/分、
カラー:35枚/分
A4/B5 モノクロ:27枚/分、
カラー:27枚/分
B4 モノクロ:23枚/分、
カラー:23枚/分
A3 モノクロ:20枚/分、
カラー:20枚/分
給紙方式/
給紙容量*5
標準 560枚×4トレイ+手差しトレイ100枚
オプション 大容量給紙トレイ(1段):2,300枚
最大給紙量 4,640枚[標準+大容量給紙トレイ(1段)]
連続複写枚数*6 999枚
出力トレイ容量*5*7 400枚(A4ヨコ)、200枚(A3)
電源 AC100V±10%、15A、50/60Hz共用
最大消費電力 1.5kW以下、スリープモード時:1.5W以下*8、待機モード時:80W以下
大きさ 幅640×奥行685×高さ1,128mm(自動両面原稿送り装置付き)
質量*9 133kg(自動両面原稿送り装置付き)
機械占有寸法 幅1,064×奥行685mm(手差しトレイを最大に伸ばした時、
自動両面原稿送り装置ストッパー開時)
  • ※1 ご利用になる機能によっては、オプションのメモリーが必要になる場合があります。2GBにするためには512MBのメモリーを外し1GBを購入する必要があります。
  • ※2 表記されたハードディスク容量の全てをお客様が利用できるわけではありません。
  • ※3 当社推奨紙の使用をお勧めします。使用条件によっては正しく印刷できない場合があります
  • ※4 画質調整のため速度が低下することがあります。
  • ※5 ゼロックスP紙
  • ※6 画質安定化処理のため、機械の動作を一時的に中断することがあります。
  • ※7 オプションのインナー排出トレイ装着時のトレイ容量はセンタートレイが250枚(A4ヨコ)、インナー排出トレイが250枚(A4ヨコ)になります。
  • ※8 G4対応モデル、内外線対応モデルを除く。
  • ※9 トナーを除く。

プリント
DocuCentre C3370

形式 内蔵型
連続プリント速度*1 基本機能/コピー機能に準ずる
解像度 出力解像度 1,200×2,400dpi、1,200×1,200dpi
データ処理解像度 標準:600×600dpi、高画質:600×600dpi、高精細:1,200×1,200dpi
ページ
記述言語
標準 ART EX
オプション AdobeR PostScriptR 3TM
対応
プロトコル
Ethernet TCP/IP(lpd、IPP、Port9100、SMB、WSD*2、NovellR NetWareR、BMLinkSR
ThinPrint)、NovellR NetWareR (IPX/SPX)、NetBEUI(SMB)、EtherTalk*3
パラレル(オプション) Compatible、Nibble、ECP
対応OS*4 標準 [ART EXドライバー]
MicrosoftR WindowsR 2000 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 2000 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 英語版、
[Mac OS Xドライバー]
Mac OS X 日本語版 [10.5~10.6]、
Mac OS X 英語版 [10.5~10.6]
AdobeR PostScriptR
3TMキット
(オプション)
MicrosoftR WindowsR 2000 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 2000 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 英語版、
Mac OS 日本語版 [8.6/9.2.2]、
Mac OS X 日本語版 [10.3.9~10.4.6/10.4.8~10.4.11/10.5~10.6]
内蔵
フォント
標準 アウトラインフォント(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、
欧文19書体)、ストロークフォント(日本語書体、欧文書体:HP-GL用)
AdobeR PostScriptR
3TMキット
(オプション)
平成2書体版:日本語2書体(平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM
W5)、欧文136書体、 モリサワ2書体版:日本語2書体(リュウミンL-KLTM
中ゴシックBBBTM )、欧文136書体
エミュレーションキット
(オプション)
欧文82書体、シンボル37セット
エミュレ
ーション
標準 ART IV、ESC/P(VP-1000)、BMLinkSR、PDF、XPS、
DocuWorks、TIFF、JPEG
エミュレーションキット
(オプション)
PC-PR201H、HP-GL(HP7586B)、
HP-GL2/RTL(HP Design Jet750C Plus)、PCL5/PCL6
インター
フェイス
標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T、USB2.0*5
オプション Ethernet 1000BASE-T*6、双方向パラレル(IEEE1284-B)
  • 注記: XPSはXML Paper Specificationの略。
  • 注記:  LinuxR OSについては、PDFダイレクトプリントを用いたオプションとして、当社ダウンロードページからのみ、無保証のソフトウエアとして日本語版を提供します。
  • ※1 画質調整のため速度が低下することがあります。また、ドキュメントによっては、プリント速度が低下する場合があります。
  • ※2 Web Services on Devicesの略。
  • ※3 オプションのAdobeR PostScriptR 3TMキットが必要。
    Mac OS 日本語版 [8.6/9.2.2]、
    Mac OS X 日本語版 [10.3.9~10.4.6/10.4.8~10.4.11/10.5~10.6]に対応。 ※4 最新の対応OSについては、ダウンロードサービスをご覧ください。
  • ※5 MicrosoftR WindowsR 2000 日本語版、
    MicrosoftR WindowsR XP 日本語版、
    MicrosoftR Windows ServerR 2003 日本語版、
    MicrosoftR Windows VistaR 日本語版、
    MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 日本語版、
    MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 日本語版、
    MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 日本語版、
    MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 日本語版、
    MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 日本語版、
    MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 日本語版、
    MicrosoftR WindowsR 7 日本語版、
    MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 日本語版、
    Mac OS 日本語版 [8.6/9.2.2]、
    Mac OS X 日本語版 [10.3.9~10.4.6/10.4.8~10.4.11/10.5~10.6]に対応。
  • ※6 当オプション装着時はEthernet 100BASE-TX/10BASE-Tは使用できません。

スキャン
DocuCentre C3370

形式 カラースキャナー
最大読み取りサイズ 基本機能/コピー機能に準ずる
読み取り解像度 600×600dpi、400×400dpi、300×300dpi、200×200dpi
読み取り階調 RGB各色10ビット入力、8ビット出力
原稿読み取り速度*1 モノクロ:70枚/分、カラー:70枚/分、
(当社標準原稿A4ヨコ)、200dpi、親展ボックスまで
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション Ethernet 1000BASE-T
ボックス保存 対応プロトコル TCP/IP(WebDAV、HTTP)
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF、DocuWorks文書*2、PDF*2、XPS*2
グレースケール:TIFF、JPEG*3 、DocuWorks文書*2、PDF*2、XPS*2
フルカラー:TIFF、JPEG、DocuWorks文書*2、PDF*2、XPS*2
高圧縮DocuWorks文書*2*4、高圧縮PDF*2*4、高圧縮XPS*2*4
ドライバー TWAIN
ドライバー対応OS*5 MicrosoftR WindowsR 2000 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 2000 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 英語版
PC保存 対応プロトコル TCP/IP(SMB、FTP)
対応OS*5 MicrosoftR WindowsR 2000 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 2000 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 英語版、
Mac OS X 日本語版 [10.2/10.3.8/10.3.9/10.4.2/10.4.4/10.4.8/
10.4.9/10.4.10/10.5.0/10.5.1/10.5.2/10.5.3/10.5.4/10.6]、
Mac OS X 英語版 [10.2/10.3.8/10.3.9/10.4.2/10.4.4/10.4.8/10.4.9/10.4.10/10.6]、
NovellR NetWareR [5.11J/5.12J]*6
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF、DocuWorks文書、PDF、XPS、
グレースケール/フルカラー:TIFF、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS、
高圧縮DocuWorks文書*4、高圧縮PDF*4 、高圧縮XPS*4
メール送信 対応プロトコル TCP/IP(SMTP)
出力フォーマット モノクロ2値:TIFF、DocuWorks文書、PDF、XPS、
グレースケール/フルカラー:TIFF、JPEG、DocuWorks文書、PDF、XPS、
高圧縮DocuWorks文書*4、高圧縮PDF*4、高圧縮XPS*4
  • 注記: XPSはXML Paper Specificationの略。
  • ※1 原稿によって読み取り速度は異なります。
  • ※2 CentreWare Internet Services取り出し時。
  • ※3 ネットワークスキャナーユーティリティ3使用時。
  • ※4 オプションのイメージ圧縮キット装着時。
  • ※5 最新の対応OSについては、ダウンロードサービスをご覧ください。
  • ※6 対応プロトコルはFTPのみです。

FAX
DocuCentre C3370

送信原稿サイズ 最大:A3、11×17″、長尺原稿可(最長600mm)
記録紙サイズ 最大:A3、11×17″、最小:A5
電送時間 2秒台*1
通信モード G3
走査
線密度
標準 8×3.85本/mm、200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 8×7.7本/mm、200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質(400dpi) 16×15.4本/mm、400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)
超高画質(600dpi) 600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
符号化方式 MH、MR、MMR、JBIG
通信速度 G3:33.6/31.2/28.8/26.4/24.0/21.6/19.2/16.8/14.4/12.0/9.6/7.2/4.8/2.4kbps
適用回線 加入電話回線、PBX、ファクシミリ通信網(PSTN)、最大3ポート*2 (G3-3ポート)
  • ※1  A4判700字程度の原稿を標準画質(8×3.85本/mm)、高速モード(28.8kbps以上:JBIG)送信時。画像情報のみの電送時間で、通信の制御時間は含まれていません。なお、実際の通信時間は原稿の内容、相手機種、回線の状況により異なります。
  • ※2 接続可能な回線数は最大3回線。ポートとは通信可能なチャネル数。

ダイレクトファクス機能

送信原稿サイズ A3、B4、A4
通信速度 ファクス機能に準ずる
通信解像度 標準 200×100dpi(7.9×3.9ドット/mm)
高画質 200×200dpi(7.9×7.9ドット/mm)
超高画質 400×400dpi(15.7×15.7ドット/mm)、600×600dpi(23.6×23.6ドット/mm)
適用回線 ファクス機能に準ずる
対応OS* MicrosoftR WindowsR 2000 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 日本語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 日本語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 日本語版、
MicrosoftR WindowsR 2000 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x86) 英語版、
MicrosoftR WindowsR XP Professional x64 Edition 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2003 x64 Editions 英語版、
MicrosoftR Windows VistaR 64 ビット 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 (x64) 英語版、
MicrosoftR Windows ServerR 2008 R2 (x64) 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 英語版、
MicrosoftR WindowsR 7 64ビット 英語版
※ 最新の対応OSについては、ダウンロードサービスをご覧ください。

インターネットファクス機能

送信原稿サイズ A3、B4、A4
走査線密度 ファクス機能に準ずる
出力フォーマット フォーマット:TIFF-FX、圧縮方式:MH、MMR、JBIG
プロファイル TIFF-S、TIFF-F、TIFF-J
対応プロトコル 送信SMTP、受信SMTP、POP3
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション Ethernet 1000BASE-T

IPファクス(SIP)機能(オプション)

送信原稿サイズ ファクス機能に準ずる
走査線密度 ファクス機能に準ずる
対応プロトコル SIP、JT-T.38
符号化方式 ファクス機能に準ずる
インターフェイス 標準 Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T
オプション Ethernet 1000BASE-T

その他
DocuCentre C3370

自動両面原稿送り装置
原稿送り装置の種類 自動両面原稿送り装置
原稿サイズ/種類 最大:A3、11×17″(279×432mm)、最小:A5*1、38~128g/m2 (両面時:50~128g/m2 )
原稿収容可能枚数*2 110枚
原稿交換速度 モノクロ:35枚/分(A4ヨコ片面)、カラー:35枚/分(A4ヨコ片面)
大きさ/質量 幅560×奥行498×高さ125mm、8kg
  • ※1 非定形サイズの場合は125×85mm。(片面モード時。両面モード時は125×110mm)
  • ※2 ゼロックスP紙。

両面出力ユニット

自動両面可能用紙サイズ 基本機能/コピー機能に準ずる
用紙の質量 60~220g/m2

無料のお見積りだしいたします。

無料のお見積りだしいたします。

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status