IPFAXのメリットとインターネットFAXとの違い

IPFAXのメリット、FAXの通信方法について

複合機について

  IPFAX(IPアドレスFAX)とは原則同じメーカーの機種間でFAX番号の変わりに相手のIPアドレスを指定して通信をするFAX機能です。そのため通信費をかけること無く送受信が可能になります。また離れた拠点で使用する場合セキュリティ面のことも考えてVPNを組んでの通信をオススメしています。


IP-FAXについて

IP-FAXについて IPFAXのメリット
  • 通信費がかからない
  • 通信速度が早いので複数枚同時に送ってもすぐに受信できる
  • プリンターと同等な600dpiという高画質印刷ができる

IPFAXのデメリット

  • IPFAX対応の機種を購入しなければならない
  • 無料通信したい拠点同士を同メーカーのIPFAX対応機種に揃える。(他メーカーのIPFAX同士の場合動作保証がされていない)
  • インターネットの環境を整えなくてはならない(高速通信やセキュリティを考えた場合VPNを設定することが好ましいが固定IPやルーター等別途の金額がかかってしまう。)
導入比較(社内でのFax通信費)
導入前 拠点(約5拠点)間
1拠点の平均通信件数≒20件/日、30円/通信
1拠点の月平均通信費≒12,000円/月
全拠点で試算すると
5拠点×12,000円/月=60,000円/月
導入後 拠点(約5拠点)間のFax通信費、合計で
『0円』

FAXの種類

G3 FAX

アナログ回線用のものでFAXの国際規格の一つになります。 A4判原稿を1枚転送するのに約20秒から60秒かかり、現在ほとんどのFAXがG3 FAXに対応しています。
G3 FAXについて

PC-FAX

PCFAXは複合機にパソコンを接続し、パソコン画面からFAXの送受信ができるようにしたものです。通信には電話回線を使用しているので通信費が発生します。メリットとしてパソコンに一度データーとして落ちるのでその後印刷をかけるかかけないかを自分で決めることができ、インク代や用紙代を節約することができます。
PC-FAXについて

インターネットファクス(I-FAX)

インターネットFAXはその名の通りインターネット回線を使用したFAXになります。ネット回線なのでインターネット利用料以外の通信費がかからず通信をすることができます。送信されたデーターはEメールとして一度パソコンに受信されますが、通常のメール同様即時性がなく、相手への到着確認ができません。
I-FAXについて

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status