ビジネスホン導入方法の比較(メリット・特徴)

ビジネスホン導入方法の比較(メリット・特徴)

ビジネスホンを導入するには主に3つの方法があります。ここではその3つ、新品(リース)、中古、レンタルについて、メリットや特徴などをご紹介します。導入する規模や初期費用に関して、またお使い予定の年数等お考えになってどの方法でビジネスホンを導入するのかお決め下さい。
ビジネスホン

新品ビジネスホンの特徴・メリット

新品ビジネスホン
耐久年数が長い 電話機の耐久年数は使用方法によって変わりますが、一般的な使用の場合5~7年程度と言われます。また10年以上ご使用している方もおり、そのように長くお使いしたい方は新品で購入する必要性があります。なぜかと言いますとビジネスホンは機種によって部品が異なり、古い機種を購入するとその分早く生産終了になります。生産終了になると故障をした際、部品の修理ができなくなり電話機本体の交換が必要になるからです。
故障が少ない ビジネスホンはパソコンと同じ精密機器ですので、長年使用すると劣化します。中古での購入は1年程度(使われた年数により変わります)なら問題ないかもしれませんが、それ以上お使いすると頻繁に故障を起こす可能性があります。 初期導入コストが抑えられる 月額費用だけで最新機種の導入ができ、経費処理や保険などメリットの多いリースの利用が可能なので、初期導入コストを抑えることができます。

中古ビジネスホンの特徴・メリット

中古ビジネスホン
機器が安い 通常価格に比べ、1/2以下の激安価格で購入可能。機種もできる限り新しいものを取揃えております。さらに弊社ではお売りする前に全ての機器を点検、細かい部分の清掃、コード等の消耗品の取替えをおこない安心してお使いいただけます。 ランニングコストが安い 機器に関する出費は導入時のみ。月額費用が不要なので、毎月のランニングコストを抑えることができます。事務所新設や、開業時など、リースが通りにくい場合にもおすすめです。
参考価格(※価格は税別、電話工事費込の参考価格)
  • 主装置1台+電話機3台セット(ISDN1回線):75,000
  • 主装置1台+電話機5台セット(ISDN1回線):98,000
  • 主装置1台+電話機8台セット(ISDN1回線):140,000

レンタル・ビジネスホンの特徴・メリット

レンタルビジネスホン
短期利用が可能 イベント会場や選挙事務所、工事現場の仮事務所など短期間の利用におすすめなレンタルビジネスホン。 「短期間のみ取付なのであまり予算をかけたくない」「会社の実績が短くリースが通りにくい」など、レンタルビジネスホンはそんな方におすすめです。 トータルコストが抑えられる 初期導入費が抑えられるだけでなく、撤去時の料金も含んでいるのでトータルコストが抑えられます。さらに、レンタルなら機器の故障もフォロー。
参考価格(※価格は税別、電話工事費込の参考価格)
  • 電話機4台(ISDN:1回線)を3ヶ月間レンタル:83,000
  • 電話機8台(ISDN:1回線)を6ヶ月間レンタル:131,000
  • 電話機15台(ISDN:4回線)を3ヶ月間レンタル:230,000

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status