緊急迂回回線機能の利用で回線整理とランニングコスト大幅削減

建設・建築ビジネスホン経費削減
ひかり電話の活用と電話回線の整理で月額費用と通話料金を削減。
導入事例

新システムの「緊急迂回回線機能」を有効活用することによって、月々のランニングコストを大幅に削減することに成功したお客様の事例です。

料金比較

導入前
  • アナログ回線基本料×8 19,680円
  • Bフレッツ基本料 4,300円
導入後
  • デジタル回線 3,530円
  • iナンバー 300円
  • Bプレミアム回線 4,300円
  • ONU、屋内配線 1,100円
  • ひかり電話基本料 1,300円
  • 追加チャンネル 1,200円
  • 追加番号 100円
  • プロバイダ料金 2,200円

  • 県内電話への通話 15,215円
  • 県外電話への通話 5,620円
  • 携帯電話への通話(NTT) 35,420円
  • 携帯電話への通話(KDDI) 3,126円
基本通信費(月額)55,704円/月
  • 県内電話への通話(IP) 5,071円
  • 県外電話への通話(IP) 1,535円
  • 携帯電話への通話(NTT)(IP) 14,168円
  • 携帯電話への通話(IP) 2,001円
  • 電話リース料  18,900円
基本通信費(月額)55,704円/月

月額 \9,950の基本通信が削減された上
毎月の通信費も 約¥36,607削減されました


ビジネスホン導入概要

ひかり電話を導入することによって通信費を大幅に削減することに成功しました

ビジネスホン導入背景

ひかり電話なら削減できる無駄な料金が多かった
  • 不必要に回線契約を多くしていたため、本来削減できるはずの月額料金を払いつづけていた。
  • 県内、県外、携帯電話を問わずすべてNTT回線から発信していたため、本来削減できるはずの通信費を払い続けていた。

ビジネスホン導入後

ひかり電話への移行と共に回線を整理し大幅に通信費をコストダウン
  • 「緊急迂回回線機能」を有効活用することによって電話回線を最小限まで減らすことが出来た。
  • ひかり電話を有効活用することによって、通信費を大幅に削減できた。

ビジネスホンポイント

ひかり電話なら全国一律3分8.4円、通信費用の大幅削減が可能
  • ひかり電話を導入することによって毎月の通信費を大幅削減。
  • 将来的にひかり回線へ変更することも可能!ひかり電話対応可能!
  • 光プレミアムへ変更したことによって新サービスにも柔軟に対応可能!

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status