S/T点とは

S/T点
読み:エスティーてん スペル:S/T Point

S/T点とは、DSUとISDN通信機器(TAなど)の接続や、ISDN機器同士を接続するためのインタフェースです。

 Ethernetと同じRJ-45の8ピンのモジュラージャックを使用し、実際にはこのうちの4ピンが通信に利用されます

 T点とS点は同一のインタフェースで、接続の形態によって呼称が異なるだけですので両者をまとめて「S/T点」と呼んでいます。

 DSUとISDN通信機器(TAなど)の接続の場合、ISDNではNTT局からアナログ回線と同じ2線のケーブルで回線が引かれ加入者宅内のDSUに接続、そこからTAなどのISDN機器に接続されます。この場合のDSU側のインターフェースをT点、ISDN機器側をS点と呼びます。
 ちなみに、単純にISDN機器同士を相互接続する場合には、片方のISDN機器がS点、もう片方がT点となります。

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status