ビジネスホンだけで全てできる!便利な留守番電話・通話録音機能

一般オフィスビジネスホン
最新のビジネスホンなら、別途、留守番電話装置や通話録音装置が不要。留守番電話や通話録音装置はいりません。
導入事例

ビジネスホンに外付けしていた留守番電話や通話録音装置。電話の内容を録音したい時は「電話機の下に置いた通話録音装置のボタンを押して・・・。」
外出時や退社時には「忘れずに留守番電話機のボタンを押さないと・・・・。」
いままで別々の機器で行っていたこれらの事をデスクにある電話機1台で行える、留守電・通録機能がついたビジネスホンがあります。

ビジネスホンポイント①

電話を受けると自動で通話録音を開始します 電話を受けてから、「あっ、この内容重要だから録音しなきゃ!」「用件がいくつもあってメモ書きだと連絡ミスをしてしまいそう・・・」そんなことを思ったことはありませんか?また電話での日時や場所の連絡や口頭での簡単な約束事などは、後で言った言わないのトラブルが生じてしまうこともあります。
このような場合自動で通話内容を録音してくれたらとても助かりますね。


ビジネスホンポイント②

部署ごとや個人専用の留守番電話を設定できます 導入事例 今までの留守番電話は、「業務が終了したときに使うもの」としてオフィスに1台、1メッセージが殆どでした。
PRECOTのボイスメール「留守番電話機能」ならば、部署ごとや個人専用に異なる応答メッセージを残すことが可能。
もちろん相手の用件もそれぞれの専用ボックスに記録されるので担当部署、担当者は自分に届いたメッセージのみの確認ができます。

ビジネスホンポイント③

メッセージが録音されると社員の携帯電話にお知らせすぐに内容の確認可能 お客様や取引先からのメッセージが録音されると直ちに指定した社員の携帯電話にお知らせします。
または時間を指定して知らせることも可能です。担当者は自分の携帯電話から伝言の内容を確認できます。また、留守電の設定・解除することもできます。
外出時に留守電の設定をし忘れても、自分の携帯電話から思い出したときにどこででも設定できるので安心です。 導入事例

ビジネスホンポイント④

業務終了後、留守電を設定しても指定した番号からの着信だけは受け付けます 「業務終了時刻なので留守電をセットしたいが、社員や重要なお客様からの着信だけは受けたい」と思うことはありませんか? IWATSU PRECOTならこのボイスメール機能と内蔵された転送機能を組み合わせることによってこのような要望も叶えてくれます。
また業務終了後でも特定のお客様からの着信のみ自分の携帯電話に転送させるといったことも可能ですので、例えば社員研修等で平日なのに会社に人が居ないような場合にも本当に大事なお客様からの着信はいつでも逃さず受けることが可能になります。

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須