PSTNとは

PSTN
読み:ピーエスティーエヌ スペル:Public Switched Telephone Networks

PSTNとは、Public Switched Telephone Networksのら略で一般の加入電話回線ネットワークのこと。「公衆電話交換回線網」などと訳される、端末に電話機をつなぎ、回線交換方式で相手に接続して音声通話をする一般の加入電話回線ネットワーク。

技術の進歩を取り入れ、大容量化・多機能化が図られて来た。
1870年代後半の電話サービスの開始時は全て手動交換でしたが。中継操作に時間を要したため、通話申し込みから通話が可能になるまでの待ち時間が有りました。

そこで、通信需要の増大に対応するため、世界的にダイヤル即時自動化が行われ、1920年代からステップバイステップ交換機による電話加入区域内通話、1950年代からクロスバー交換機による市外電話・国際電話の全面即時自動化が行われてきました。

データ通信を行なうには、コンピュータと回線の間にモデムを接続し、データ列と音声信号の相互変換を行なう必要があります。
現在、PSTNはNGN(次世代ネットワーク)へ以降していくものと考えられています。

電話回線の移行

アナログ回線(PSTN)→デジタル回線(ISDN回線)→ひかり回線(NGN)

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status