サーモグラフィで手軽な簡易インフルエンザ対策提案

化学製品工場インフルエンザ対策セキュリティ
非接触で表面温度がわかるサーモグラフィで発熱者を発見することができます。新型インフルエンザ対策として導入。
熱画像センサーの使用画面例

導入背景

  • 今流行のインフルエンザを何とか対策したい
  • 余り多額な金額はかけたくない
  • 航空などでやっているサーモグラフィに興味がある

導入後

発熱者を早期発見

小形携帯用熱画像カメラを使用して発熱者を感知。熱が出ている人を職場に入れる前に、止めることができます。

簡易的な機器でお金を余りかけずできる

小形携帯用熱画像カメラを使用して発熱者を感知。熱が出ている人を職場に入れる前に、止めることができます。

サーモグラフィを使用した熱感知カメラ

サーモグラフィを使用して人の体表の熱を感知することができます。


導入機器

小形携帯用熱画像カメラ THERMOGUN 小型熱画像 センサー 画像

●動作原理

小形携帯用 熱画像カメラ
販売価格:OPEN 平和価格:450,000円

●主な用途

  • 見やすい2.8形液晶画面搭載
  • 小形・軽量で簡単操作
  • 画像をminiSDカードに5,000枚を保存可能
  • オールインワンで低価格
小型携帯用熱画像カメラの特長
  • 非接触で検温
    対象者から数十センチから1m程度離れた状態での体温チェックが可能。
  • 素早い温度チェック
    その場で瞬間的に温度チェックができるので人の流れを止めずに確認ができます。
  • オールインワンの手軽さ
    別途機器が不要なので、どんな場所でも誰でもすぐに体温チェックができます。
  • SDカードへのデータ保存
    miniSDカード(512MB)に約5,000枚の画像の保存が可能です。
熱画像カメラ 画像
温度測定範囲 0~250℃
温度分解能 0.1℃
精度定格 測定値の±2%または±2℃のどちらか大きい値
検出素子 非冷却マイクロボロメータ 80×80ピクセル
モニタ 2.8形カラー液晶モニタ
測定波長 7.5~13μm
測定視野角 17°×17°
フォーカス フォーカスフリー
フレームタイム 9Hz
画像データ保存 miniSDカードに5,000枚
測定表示機能 スポット温度表示 1点
放射率補正 0.1~1.0
インターフェイス USB
電源 AC電源およびリチウムイオンバッテリ
動作時間 約5時間
使用温度範囲 -15~50℃
外形寸法・質量 233×79×83mm、400g(バッテリ含む)


VOICE:お客様の声

  • たくさん人が集まる場所なので、できるだけインフルエンザ対策をしたいと思っていました。流石にマスクだけでは心もとなかったので、今回の小型熱画像カメラの導入を考えました。 今は工場内に入る前に一度カメラで発熱状態を確認し、疑わしい場合は体温計でしっかりと測定し直してから工場内に入るようにしています。

関連記事

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須