緊急地震速報受信機ホームサイスモ(HomeSismo)

高度向け情報で低ランニングコスト、地震計内装の緊急地震速報受信装置

緊急地震速報受信端末ホームサイスモ
  • 高度利用者向け情報採用で素早く細かな対応
  • 月額費用が3,150円~の低ランニングコスト
  • 装置内に独自地震計内蔵
≫詳しくはメーカーホームページをご参照下さい


緊急地震速報受信機ホームサイスモの特徴・メリット

緊急地震速報受信機HomeSeismo(ホームサイスモ)は、内蔵した地震計でP波(初期微動)を検知し、直下地震にも対応※します。

地震発生に対してP波検知と、気象庁の緊急地震速報(予報)の2ルートを持っているため、より早く、より確実に地震の発生を警告し、地震災害を軽減できます。

  • 地震計内蔵
    HomeSeismo(ホームサイスモ)は地震計が内蔵されているため、端末自身が地震のP波(初期微動)を検知する事が可能です。
  • 月額換算3,150円からの低ランニングコスト
    インターネット回線を利用したサービスなのでランニングコストが格安。専用線との比較では、専用線のランニングコストが月額3万円~4万円もかかるのに比べ、10分の1以下の価格で実現できます。
  • 災害に強いインターネット接続
    緊急地震速報を受信する回線には、災害時にも強いとされているインターネット回線を使用しています。
  • あんしんのインターネットサービス
    データセンターと端末の接続状態が24時間以上継続して切断した場合、新規ユーザ登録時に登録されたメールアドレス宛に、メールが自動送信され、切断をお知らせします。
    また、常に新しい機能を提供するため、ファームウェアはネットワーク経由で更新できるようになっています。

※ 震源に近い地域では、緊急地震速報が間に合わないとされています。(気象庁「緊急地震速報の限界」より)

緊急地震速報受信機ホームサイスモのプラン

ホームサイスモ、二つのプラン(HS302P使用)

接点出力の発報震度を個別設定等、多種多様な環境でご利用いただける法人向けプランです。 一般向けガイダンスと高度利用者向けガイダンスに加えカウントダウンガイダンスを流すことができます。 オプションで学校・病院・店舗・幼稚園の向けの音声ガイダンスを選択できます。 2プラン

ベーシックプラン

緊急地震速報受信に加え、直下地震に対応する複数P波検知サービス「HomeSeismoアラート」の機能がご利用いただけます。学校向け、病院向け、店舗向け、幼稚園向け、津波注意喚起のオプションガイダンスも選択可能です。

サービス料金  年   額 36,000円 (税別)
月払換算 3,000円/月 (税別)

スペシャルプラン

カスタマイズ対応プランです。
ベーシックプランでご提供している通常の機能では、他機器と連動出来ない場合や、複雑な音声ガイダンスカスタマイズ等の場合にカスタマイズ対応します。
基本機能はベーシックプラン同等です。
別途初期費用(開発費用等)がかかります。

サービス料金  年   額 60,000円 (税別)
月払換算 5,000円/月 (税別)

  カウントダウンガイダンス
発表条件 気象庁 高度利用者向け緊急地震速報の発表条件より下記を除く
・震源の深さが150kmより深い場合
・震央までの距離が2000kmより大きい場合
・マグニチュードデータが含まれていない場合
発表内容 推定震度・主要動到達予想時刻
発報震度 お客様の設定による。
ガイダンス例 例:震度6弱、猶予時間15秒の試験放送
アラーム音(猶予時間10秒以上は3回、10秒未満は1回)
予測震度○。
あと、○秒(猶予時間2秒未満:すぐに揺れます)
(猶予時間10秒以上は、予測震度と猶予時間の繰り返し)
9、8、7・・・1 ※
揺れが収まるまで身を守ってください。
落ち着いて行動してください。

※緊急地震速報は複数回送信され、情報が更新されていきます。
猶予時間が更新され、1秒刻みのカウントダウンでなくなる場合があり ます。ご了承の上ご選択ください。
例:6、5、2、1(5秒のカウント後、情報が更新)
利用推奨環境 利用者が、高度利用者向け緊急地震速報の特性や限界等※ を十分理解している環境。
緊急地震速報を使用した避難訓練を行っている環境。
※まれではあるが、誤報がありうること。
また、地震検知直後の震源・マグニチュードや震度等の推定測精度が必ずしも十分でない場合があること等。

SOHO・一般向けプラン(HS301使用)

地震を音声や光でお知らせします。 基本的な機能を備えたお手軽な個人・一般家庭・小規模事業所向けプラン。一般向けガイダンスと高度利用者向けガイダンスを流すことができます。 SOHO・一般向けプラン
サービス料金  年   額 21,600円 (税別)
月払換算 1,800円/月 (税別)
  一般向けガイダンス 高度利用者向けガイダンス



気象庁 高度利用者向け緊急地震速報の発表条件より下記を除く
・震源の深さが150kmより深い場合
・震央までの距離が2000kmより大きい場合
・マグニチュードデータが含まれていない場合



推定震度・主要動到達予想時刻はあいまいな表現。
震度5弱以上=強い地震が来ます
震度5弱未満=地震が来ます
猶予時間10秒以上=アラーム音3回
猶予時間10秒未満=アラーム音1回+すぐ
推定震度・主要動到達予想時刻



お客様の設定による。
ただし、気象庁では、一般向け緊急地震速報は震度4以上で発報が望ましいとしています。
工場出荷時の設定は震度4です。
お客様の設定による。





例:震度6弱、猶予時間15秒の試験放送
アラーム音(猶予時間10秒以上は3回、10秒未満は1回)
(猶予時間10秒未満:すぐ、震度5弱以上:強い)地震が来ます。
身の安全を確保してください。
落下物に注意してください。
揺れが収まるまで身を守ってください。
落ち着いて行動してください。
例:震度6弱、猶予時間15秒の試験放送
アラーム音(猶予時間10秒以上は3回、10秒未満は1回)
あと、○秒で揺れます。(猶予時間2秒未満:すぐに揺れます)
予測震度○。
身の安全を確保してください。
落下物に注意してください。
揺れが収まるまで身を守ってください。
落ち着いて行動してください。





集客施設等、利用者が緊急地震速報を
十分理解していない環境。
利用者が、高度利用者向け緊急地震速報の特性や限界等※ を十分理解している環境。
緊急地震速報を使用した避難訓練を行っている環境。
※まれではあるが、誤報がありうること。
また、地震検知直後の震源・マグニチュードや震度等の推定測精度が必ずしも十分でない場合があること等。

その他プラン

イントラネット配信システム

今お使いのイントラネットを利用してHomeSeismoを導入する事ができます。
サービス料金は端末ごとではなく、再配信サーバごととなるため、運用コストを軽減できます。

サービス料金  年   額 年額オープン価格

※別途初期費用がかかります


多数への配信について

1台のHomeSeismo端末から、以下のような多数への配信を行う場合は年額240,000円(税別)となります。サービス内容はベーシックプランです。
 ・集合住宅での複数の住戸への個別配信(マンションなど)
 ・防災無線や一斉配信を使用した地域への配信
 ・異なる敷地への配信(同一会社の複数事業所など)
上記に当てはまらないもの(通常プラン料金)は以下です。
 ・集合住宅での共用部分への館内放送
 ・同一敷地内にある複数建物への配信(大学や工場など)
 ・1つのビル内で、複数のテナントへの配信(デパートや雑居ビルなど)

サービス料金  年   額 240,000円 (税別)
月払換算 20,000円/月 (税別)
【注意事項】
1拠点で受信した緊急地震速報を広範囲に拡声する場合、受信点と可聴点で震度の誤差が発生し、受信者に混乱が発生する可能性があります。
例えばHomeSeismo設置場所で震度5弱でも、可聴点が離れていて震度3となった場合、緊急地震速報が放送されたのに大きく揺れなかったとの受信者からの疑問が発生する場合があります。 気象庁の指針ではこのような場合の利用については、利用者に十分な理解を得た上での運用を推奨しています。

システム構成

ビジネスホンとの接続によって、事務所や職員室など放送設備がない場合にも普段使っているデスク上の電話機スピーカーから音声放送による速報の通知が可能です。 同時に倉庫や教室などの構内放送設備に接続し警報を流すことができます。

校内放送イメージ
  • 本システムは地震の予知および災害の軽減を保証するものではありません。地震が発生した時に速やかに行動できるよう、十分に避難訓練などを行ってください。
  • 気象庁が緊急地震速報を誤報する場合があり、本システムが緊急地震速報をスピーカーに出力しても地震が発生しないことがあります。
  • 気象庁が地震の発生を観測できない場合、緊急地震速報が送信されません。その場合、本システムが緊急地震速報をスピーカーに出力しなくても地震が発生する場合があります。
  • 地震に起因するすべての損失や損害、および事故に関しては責任を負いかねます。予めご了承ください。

関連記事

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須