CMOS(イメージセンサー)とは│監視・防犯カメラ用語集

CMOS(●読み:しーもす)


CMOSとは、相補性金属酸化膜半導体を用いたゲート構造の事です。(CMOS=相補性金属酸化膜半導体) CMOSイメージセンサーとはCMOSを用いた固体撮像素子の事で、デジタルカメラや携帯のカメラなどに利用されています。
役割としては、カメラのレンズから入ったイメージを電気信号に変換するために必要な部品です。CCDと比較すると感度では劣りますが、消費電力が小さく小型な点で優位です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status