店舗(飲食・販売・サービス業)に防犯カメラを設置

店舗(飲食・販売・サービス業)に防犯カメラを設置

店舗の監視・防犯にネットワークカメラ

店舗に設置するネットワークカメラ イメージ画像

飲食店舗、販売店舗、サービス店舗、どんな店舗にも従業員と御客様がいます。万引き防止などの防犯対策はもちろん、金銭トラブル・クレームトラブル・御客様同士のトラブルなど起こりえる問題の防止と対策や、社員教育などの店舗管理にも活躍します。


店舗の防犯対策に活躍するカメラ

店内、レジ、バックヤードまで。管理者が店舗内に不在の場合でもネットワークカメラなら遠隔監視が可能。

店舗には必ず金銭や商品があるので、第一に万引き・盗難対策が必須です。防犯カメラを設置することで盗難の抑制から盗難されてしまった時の証拠映像を残すことまでできます。
そのためには各所に死角が生じないないような設置を意識し、使用する機種も最適なものを選ぶ必要があります。

店舗のカメラ設置場所と目的イメージ 店舗のカメラ設置場所と目的イメージ
【1】レジ周り:高精細タイプのカメラでレジ付近をしっかり監視・記録。
レジ周りに設置されたカメラ img

金銭を取り扱うカウンター・レジ付近のトラブル回避、盗難防止に高精細タイプのカメラが活躍します。
上向~水平~真下の高精度パン・チルト機構を備えたタイプのPTZカメラを天井に設置しておけば細部まで確認できます。


【2】商品棚:店内全体、商品棚をもれなく監視するために全方位カメラ。
商品棚上部に設置されたカメラ img

店内全体、商品棚をもれなく監視するためには死角ができないようにカメラを設置する必要があります。
商品棚毎に確認できるようにカメラを設置する方法もありますが、天井に広角タイプのドーム型カメラを設置し全体を監視する方法なら、少ないカメラ台数で広い範囲を監視することができます。


【3】出入口:出入口に屋外対応のカメラ設置、防犯強化・アピール。
出入口に設置されたカメラ img

店舗出入口に屋外対応の監視・防犯カメラ設置、防犯強化・アピール。
この場合には監視していることが伝わる、いかにも防犯カメラとわかるタイプのものを設置しましょう。防水防塵に対応したハウジングケースに入ったボックス型カメラなら、屋外でも安心です。


【4】在庫倉庫:薄暗い倉庫もきちんと撮影できる暗所対応型で盗難対策。
出入口に設置されたカメラ img

商品を保管している倉庫は薄暗く物に遮られ、視界を遮りやすい問題があります。
撮影視野が広いタイプの広角カメラで死角をなくすようにしたり、暗くても撮影できる低照度対応のカメラを設置することできちんと撮影することができます。




関連記事

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status