事務所、店舗、工場など…カメラを設置する場所とその目的に合わせたカメラをご提案

設置場所別のおすすめカメラ提案

監視カメラ・防犯カメラは設置するだけではなく、意図や目的にあった設置をすることが重要です。また、ネットワークカメラなら様々な場所・色々な目的で活躍します。こちらでは、カメラをオフィスに設置する場合、店舖・ショップに設置する場合、一般家庭・戸建住宅に設置する場合、施設・学校に設置する場合、マンション・ホテルに設置する場合、その他公共機関や観光地などに設置する場合の設置提案をご提案しております。導入の前にぜひご参照ください。


設置場所に合わせたカメラ提案

  • 店舗(飲食・販売他)

    アナログカメラとネットワークカメラの違い 万引き防止などの防犯対策はもちろん、金銭トラブル・クレームトラブル・御客様同士のトラブルなど起こりえる問題の防止と対策や、社員教育などの店舗管理にも活躍します。
  • 工場・倉庫

    アナログカメラとネットワークカメラの違い 工場に設置する防犯カメラは、より効率的な作業のため・防犯対策のため・安全管理のため、様々な目的で活躍します。工場・倉庫などに設置する場合の設置提案をご参照ください。
  • 事務所・オフィス

    アナログカメラとネットワークカメラの違い 盗難による実害に加えて、取引先や顧客・従業員の個人情報の漏洩による被害ははかりしれません。監視カメラ・防犯カメラによって対策を行いましょう。
  • その他様々な場所

    アナログカメラとネットワークカメラの違い 戸建て住宅、マンション、公共機関、観光地など・・・監視から防犯、商用目的まで様々な使い方ができます。共有スペースの多い場所では防犯対策が重要になってきます。

設置目的に合わせたカメラ提案

  • 安全対策

    アナログカメラとネットワークカメラの違い 危険を抑止し未然に事故を防ぐ。カメラを利用し危機管理することで、万一のリスクも最小限にするための監視カメラ・防犯カメラの設置提案です。
  • 防犯対策

    アナログカメラとネットワークカメラの違い 万引き・盗難・不法侵入・違反などへの防止・証拠記録として。防犯対策のための監視カメラ・防犯カメラの導入提案です。