火災センサーとは│監視・防犯カメラ用語集

火災センサー(●読み : かさいセンサー / ●スペル : fire detection sensor


火災センサー

火災センサーとは、火災の発生を検知するセンサー。煙感知式と熱感知式があります。
火災センサーなどの火災報知設備は、防災を目的として火災を未然に防ぐとともに、火災が万一発生しても初期消火や早期避難を可能にするための設備です。

一般住宅や共同住宅での火災による犠牲者を無くすために、消防法が改正され、2006年6月1日より新築住宅の寝室や階段上などへの火災警報器の設置が義務付けられました。
台所への設置は消防法では「推奨」ですが、市町村条例で義務づけているケースもあります。
給電方式にじゃ電池式とAC電源方式がありますが、電池の有効期間は長く、10年ほど持つものもあります。そのため既築住宅の場合でも設置しやすいです。

ワイヤレス連動タイプのセンサーもあり、他の部屋での火災を他の部屋に知らせることもできます。

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status