ガラス破壊センサーとは│監視・防犯カメラ用語集

ガラス破壊センサー(●スペル : glass sensor


ガラスセンサー ガラスセンサーとは、ガラスの破壊を感知するセンサー。
ガラス切断時、破壊時に発生する振動の特定周波数を検知し、主に防犯用途として利用されています。

ガラスセンサーには大きくふたつの種類があります。

【1】直接ガラスに取り付け振動を検知する接触型
ガラスが破壊される時に生じるガラス分子間の摩擦によるガラス固有の振動周波数を検知し警報を出すもので、手などでガラスを叩いたり、ボールや小石が当たった程度では誤動作が起らないようにしてあります。

【2】天井や壁面に取り付け音を検知する非接触型
ガラスが破壊される時に発する音を検知するセンサーで、このセンサーの集音には、カラオケマイクロホンに使用されるコンデンサーマイクロホンや、接触型と同じ圧電体セラミックスを使った超音波マイクロホンが使用されています。

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status