H.264とは│監視・防犯カメラ用語集

H.264(●読み:エイチにろくよん)


MPEG2やMPEG4と比較して同等のクオリティで高い圧縮率が実現できるのが特徴で、MPEG2と同じクオリティならH.264はおよそ半分程度のデータ量で済みます。
H.264は、地上デジタル放送の携帯電話向け放送のワンセグ、次世代DVDのHD DVDやBlu-ray Disc、など多くの機器で使用されており、 携帯電話向けのテレビ電話といった低速・低画質の用途から、ハイビジョンテレビ放送などの大容量・高画質の動画まで幅広い用途に用いられています。
防犯カメラでH.264に対応しているものは、高画質なまま高圧縮での配信・記録が可能になります。金融機関や工場など、映像監視の場は人物の細かな動作、映っている文字まできちんと見れるようにしたいなどと、求められる精度が厳しくなっています。 一方で一つの拠点などでのカメラの設置台数が増えており、カメラの台数が増えると通信速度や録画の方の容量に影響がでます。こういったニーズに対応できるのが高画質・高圧縮率を実現したH.264対応機種です。H.264対応の防犯カメラを使用すれば、高画質の映像でも、ネットワーク帯域や動画を記録するストレージ容量を抑えることができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status