HD-SDIカメラとは│監視・防犯カメラ用語集

HD-SDIカメラ(●読み : えいちでぃーえすでぃーあいかめら)


HD-SDIカメラとは、フルハイビジョン(フルHD)による監視カメラシステムのこと。
ハイビジョンとは高精細テレビの一方式で、海外ではHD(TV)と呼ばれています。その中で、1920×1080ピクセルの最も解像度の高い方式がフルハイビジョン(フルHD)と呼ばれています。アナログ方式では解像度720×480の35万画素、HD(TV)では1280×720の92万画素、FullHDでは1920×1080の207万画素の画素数表示となります。画素数が増えればその分映像がキメ細かくなるので、今まで識別できなかった細部まで画像を粗くせず拡大ができます。例えば車のナンバーを確認する場合や、受付での取引書類文字の判定等、精細な判断が必要な場面で活躍します。
HD-SDIのシステム(またはHD-CCTV)は、監視・防犯カメラシステムの新しいジャンルです。今までは大きく分けてCCTV(アナログカメラ)と呼ばれるアナログ方式のコンポジット信号を利用したカメラと、LANケーブルを利用するIP(ネットワーク)カメラと呼ばれるデジタル方式のIP接続を利用した監視カメラの2種類が利用されてきました。CCTVカメラの接続に使用されている同軸ケーブルを使用し、ハイビジョン高画質映像を録画できる監視を可能にしたのがHD-SDIカメラシステムです。CCTVカメラシステムとして既設の同軸ケーブルを再利用し、HD-SDIカメラシステムの環境を構築できるため、CCTVカメラの置き換え工事コストを抑えつつ、先進の高画質映像を扱う事ができます。また、CCTVカメラと同様に映像の遅延があまりなく、ほぼリアルタイムにモニタに様子を表示することができるので、動きが大きく変化の激しい監視対象に最適です。
HD-SDIとアナログカメラの違い イメージ

監視・防犯カメラとして利用できるカメラシステムとしては他に、CCTVカメラ(アナログカメラ)・ネットワークカメラが上げられます。

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status