撮像素子とは│監視・防犯カメラ用語集

撮像素子(●読み:さつぞうそし ●スペル:image sensor)


撮像素子とは、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する電子部品のことです。
撮像素子の表面には無数の受光素子が隙間なく並んでおり、レンズを通して感知された光を信号へと変換します。
撮像素子そのものはモノクロであり、原色フィルターや補色フィルターなどのカラーフィルタを通すことによって色を再現しています。撮像素子の代表的な種類としては、CCDイメージセンサーやCMOSイメージセンサーなどがあり、デジタルカメラを中心として、デジタル画像の撮影に広く用いられています。



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status