パッシブセンサーとは│監視・防犯カメラ用語集

パッシブセンサー(●スペル : passive sensor)


パッシブセンサーとは、遠赤外線を感知する装置で受動型センサーとも呼ばれます。白色でドーム型の製品が多く見られます。
赤外線を感知するセンサーにはもう一つ能動型センサーとも呼ばれ、近赤外線を感知する「アクティブセンサー」があり、単に「赤外線センサー」という場合は、アクティブセンサーをさすことが多いようです。
パッシブセンサー自体は赤外線を発射せず、人体表面から放出する赤外線を受信し、人を検出するため、用途としては防犯用として主に室内、廊下などに設置され室内に入ってくる人間の感知などに利用されます。
同じ赤外線センサーとして、外周警備など侵入を検知するのによく使用される検知精度の高いアクティブセンサーがありますが、パッシブセンサーと比較して価格が高めです。センサーの特徴を理解し、規模や使用目的によって使い分けることをオススメします。

パッシブセンサー感知の説明 画像
パッシブセンサーは、「赤外線受動センサー」「受動型センサー」「熱線センサー」「人感センサー」などとも呼ばれます。
赤外線センサーのリンク

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status