画素とは│監視・防犯カメラ用語集

画素(●読み:がそ ●スペル:pixel)


画素とは、ディスプレイ画面を構成する最小の単位のことを指します。画素は色の情報を持った点として画面上に存在し、画像を構成する要素であるため、PICture(画像) ELement(要素)=pixel(ピクセル)とも呼ばれています。
ディスプレイは画面の縦横に敷き詰められた画素の集合によって表示されています。そのため、水平・垂直それぞれに並んだ画素の数(画素数)によって表示の精細度が決まり、この精細の度合いが解像度と呼ばれています。
画素数については、例えば100px × 200pxの解像度だった場合、20,000px=2万画素ということになります。近年台頭しているメガピクセルカメラは、100万画素以上を持つ機種を指します。
1200px × 1000pxの解像度の場合は、1200,000px=120万画素となり、1.2メガピクセルと表記されます。

解像度の説明 イメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status