録画時間(保存日数)について

録画が可能な時間はどのくらい?日数は何日くらい連続で保存できるの?

録画できる時間(保存日数)について 監視・防犯・管理・安全対策など、どのような用途でカメラを使用する場合も録画記録しておく場合がほとんどだと思います。
録画をする上で気をつけたいのは、録画ができる時間(保存日数)です。録画媒体の容量が同じでも、防犯カメラを使用する環境が違うと録画できる時間も異なります。どういったことで録画可能時間は変化するのでしょうか?

録画できる時間(保存日数)の違い

録画できる時間は、製品がもともと持っている容量はもちろんですが、録画の仕方や録画の設定によって大幅に日数が変わります。録画日数に影響する部分を分けると、4つに分類されます。
『接続されるカメラの台数』『画質(解像度)』『動画圧縮方式』『フレームレート(秒あたりのコマ数)』です。この設定や違いによって数時間から数ヶ月の録画日数の幅が産まれます。

カメラ接続台数と録画時間

カメラ接続台数が増えればその分1台あたりの録画領域が減ります。 録画機のHDD容量は決まってますので、カメラ台数が多くなればその容量をカメラ毎で分ける必要がでてきます。
そのため、録画機器に接続するカメラの台数が多くなればなるほど、録画機に負荷がかかります。
当然、接続台数が多いと録画できる日数や時間も減ります。
それを踏まえて録画機を選ぶ必要があります。

画質(解像度)と録画時間

解像度サイズと画素数による表 画素数・解像度が大きくなるにつれて、高精細のよりきれいな高画質映像になりますが、同じハードディスク容量のデジタルレコーダーで記録できる時間が、通常、短くなるというデメリットもあります。

動画圧縮方式と録画時間

圧縮方式による録画可能時間の比較表 MJPEG・JPEG2000は静止画の圧縮方式なため、高画質だが圧縮効率は悪い。
MPEG4はハイビジョン以上の高品質高圧縮を実現しているが、圧縮的にはもう一歩足りない。
長時間記録ができる上に、録画画質を向上した最新の圧縮技術『H.264』は、ブルーレイやYoutube等においても使用されており他の映像機器との汎用性も備えている。画質は若干劣るが、圧縮効率に対しての画質は優れている。
上記より、カメラ映像の圧縮方式としてはH.264が最も推奨されます。

フレームレートと録画時間

一秒あたりのコマ数(フレームレート) フレームレートとは監視カメラ・防犯カメラが1秒間に出力できる画像枚数のことを表しています。単位はfpsで、最大が30fpsで、30fpsではテレビのようなスムーズな動画となります。
人間の視野に入ってくるコマ送り映像も秒間5コマ以上が動画と呼べるレベルと言われており、あまりにレートを下げすぎると静止画になってしまいますが、数値が大きくても録画領域を圧迫してしまうので注意が必要です。
実際の録画想定に当てはめてみると?データ量は、実際のHDD容量とは違うので導入する前に使ってみたらどうなのかは仕様を見てもわかりません。メーカーによって差もあるので、容量だけ見て購入すると思っていたような記録ができないことも・・・録画機の導入は、専門家に相談すれば安心です。問合せはこちら 実際の録画想定に当てはめてみると?データ量は、実際のHDD容量とは違うので導入する前に使ってみたらどうなのかは仕様を見てもわかりません。メーカーによって差もあるので、容量だけ見て購入すると思っていたような記録ができないことも・・・録画機の導入は、専門家に相談すれば安心です。問合せはこちら

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status