ネットワークカメラとアナログカメラについて

ネットワークカメラの特徴とアナログカメラとの違い

ネットワークカメラとアナログカメラ ネットワークカメラとアナログカメラの主な違いは、画像記録情報の種類です。アナログ情報(アナログデータ)を出力・保存するのがアナログカメラ、それに対してデジタル情報(デジタルデータ)を出力・保存するのがネットワークカメラです。


ネットワークカメラの主な特長

ネットワークカメラは、ウェブカメラまたはIP(インターネットプロトコル)カメラとも呼ばれます。撮影した映像は2進数のデジタルデータに変換され、磁気的または電子的に保存されます。DVDやSDカードなどの記録媒体に記録できます。Webサーバ機能を内蔵しており、これによってインターネットや社内LANを通じて画像や映像を送信できます。ネットワークカメラシステムは、ネットワークカメラに専用サーバを接続することで映像の記録・保存とカメラのコントロールを可能にします。インターネットやVPNを通して遠隔地のカメラをコントロール(上下左右パン、ズームなど)ができるため監視用カメラとして、ハードディスク記録による長時間録画と検索性の両立は防犯として導入が進んでいます。

ネットワークカメラ製品イメージ
メリット
  • PoE対応機種ならLAN・配線の引き回しや電源工事が必要ないので比較的工事費がかからない。
  • 映像のデータ転送速度が早い。
  • 機種によるが、撮影映像のライブ閲覧のみなら録画機器は不要。
デメリット
  • インフラに依存する為、録画が出来ていない場合がある。
  • 通信状況によっては、映像が途切れる場合がある。
ネットワークカメラシステムの構成 ネットワークカメラシステムの詳細

ネットワークカメラのシステムは、PoEHUBを使用することによりLAN配線から電源を供給する事が可能です。これにより電源工事が不要となり、高い天井などの工事が辛い所でも設置が容易になります。しかし一方で通信容量などの問題もあるので、設置する台数によっては光回線であっても帯域を圧迫するため別途独立したネットワークが必要となり、ランニングコストがかかる場合があります。


アナログカメラの主な特長

アナログカメラは、CCTVカメラ(閉回路テレビカメラ)とも呼ばれます。テレビ用の同軸ケーブルを経由してテレビモニタに接続して、撮影した映像を見ることができます。アナログカメラで撮影した映像は、VHSビデオテープやハードディスクに記録することができます。

アナログカメラ製品イメージ
メリット
  • インフラに依存しないので映像の途切れがない。
  • 夜間映像・逆光補正に強い。
デメリット
  • LAN・配線の引き回しが必要で電源工事を要するため、工事費がかさむ。
  • データー出力がDVRに依存するため映像が劣化する場合がある。
  • 映像のデータ転送が遅い。
アナログカメラシステム

アナログカメラのシステムは、電源重装型と電源分離型の二種類があります。電源重曹型は、カメラへの電源と映像を一つの線でまかなうことが可能です。これにより電源工事が不要となり、高い天井などの工事が辛い所でも設置が容易になります。

このように、ネットワークカメラとアナログカメラには大きな違いがあります。双方のメリット・デメリットを把握した上で、使用目的・環境にあった方を選ぶ必要があります。
※弊社はネットワークカメラシステムを中心にサービスを提供しておりますが、御客様の要望をヒアリングした結果アナログカメラシステムの方が適していると判断した場合はアナログカメラを勧めさせていただく場合もございます。詳しくはお問い合わせください。



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須