フードディフェンス実現のため食品加工製造ラインに監視カメラを設置した事例

食品加工:フードディフェンスに監視カメラ

─ 食品加工工場の製造ラインの監視カメラとして

ニュースで他社の食品偽装の問題があり、社内監視用に14台設置。食品への異物混入を防止するため、また万が一問題があった際にも調査できるように、長期で録画映像を保存しておく必要がありました。

期間としては1年間録画を保存することになったため、録画容量が膨大になってしまいます。そのため弊社は、映像圧縮率の高いAXISのネットワークカメラを提案させていただきました。映像圧縮方式H.254により、録画容量を抑えられたため、サーバーを増設するよりも合計の金額が安くすみました。

関連記事

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status