センサー検知の種類

センサー検知の種類

目的や用途にあわせ検知の種類を選択することで最適なシステムを実現します。

介護施設では様々な場所でセンサーの利用が期待されています。ベッドからの離床時や車いすからの移動の際の 転倒をお知らせするなど、入居者が安心して過ごせるようなセンサーをご提案しています。お気軽にお問い合せください。

離床検知

離床検知

おもにベッドに設置し起き上がる動作を検知したり、ベッドの下に設置されたセンサーにより、ベッドから離れる動作を検知するシステムです。

ベッドセンサー ベッドサイドセンサー マットセンサー タッチセンサー クリップセンサー 赤外線センサー

転倒検知

転倒検知

ベッドや車椅子に設置されたセンサーにより、落下、転倒時に緊急通知するシステムです。

マットセンサー クリップセンサー 赤外線センサー

入退室検知

入退室検知

ドアや窓にセンサーを設置し、入室時、退出時に通知するシステムです。

赤外線センサー



▼様々な検知方式がある介護施設の各種センサーついてはこちらをご覧ください。

離床から見守りまで!介護施設のセンサーの種類をご紹介
介護施設の問題解決のため、離床探知・徘徊検知・転倒防止など、さまざまな目的でセンサーが設置されています。ここでは介護施設でよく使われるセンサーから最新のセンサーまで、多数のセンサーをご紹介しています。導入の際のご参考にどうぞ。

関連情報

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status