センサーシステムの目的

センサーシステムの目的

センサーを選択、組み合わせることで、目的にあわせ最適なシステムを実現します。

徘徊を防止したい、落下を防止したいなど目的に応じて設置するセンサーを選び、より施設のサービスを向上させます。何かご要望がありどうしたらできるのかお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

徘徊防止

徘徊防止

入ってほしくない場所、出ては危険な場所に不用意に入居者が侵入しないように予防するシステム。不意の事故等から入居者を守るためセンサーにて緊急通報を行います。

マットセンサー(フロアーセンサー) ベッドセンサー ベッドサイドセンサー タッチセンサー クリップセンサー 赤外線センサー

落下防止

落下防止

おもにベッドからの転倒を防止するシステムで、ベッドサイド等に設置したセンサーが落下の事前動作を検知し緊急通報を行います。

ベッドセンサー ベッドサイドセンサー タッチセンサー クリップセンサー 赤外線センサー

見守り

見守り

人の目に代わり、センサーにて生体情報や生活リズムを把握し異常時に緊急通報するシステム。異常が起きる前の予兆により対応ができるため、より高度な介護サービスが行えるようになります。

生活リズム検知システム 生体情報検知システム



▼様々な目的を実現する介護施設の各種センサーついてはこちらをご覧ください。

離床から見守りまで!介護施設のセンサーの種類をご紹介
介護施設の問題解決のため、離床探知・徘徊検知・転倒防止など、さまざまな目的でセンサーが設置されています。ここでは介護施設でよく使われるセンサーから最新のセンサーまで、多数のセンサーをご紹介しています。導入の際のご参考にどうぞ。

関連情報

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status