最低被写体照度とは│監視・防犯カメラ用語集

最低被写体照度(●読み : さいていひしゃたいしょうど)


PoEとは、Power over Ethernet(パワー・オーバ・イーサネット)の略でEthernetの配線ケーブル(カテゴリ5のより対線)で接続機器に電力を供給する技術。
2003年6月にIEEE 802.3afとして標準化されました。

最低被写体照度とは、そのカメラが被写体を映す上で必要な最低限の照度(ルクス)を表します。 最低被写体照度の値が低いほど感度が高いカメラということになり、暗所での撮影が可能になります。地下の駐車場や倉庫など、薄暗い場所を監視カメラで撮影する場合は、最低被写体照度の値を参考にしてカメラを選ぶことも必要です。
被写体の動きをはっきり確認できるような良好な映像を撮影するためには、カメラの持つ最低照度の2.5倍から3倍の照度が必要と言われています。 また、最低被写体照度の測定基準は、メーカーにより異なるので注意が必要です。

最低被写体照度の違いによる映り方
関連用語として「ルクス」「F値」が上げられます。カメラ機能と形状の詳細に関しましては、カメラの機能についてに記載されています。ご参照ください。

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status