PoEとは│監視・防犯カメラ用語集

PoE(●読み : ピーオーイー / ●スペル : Power over Ethernet)


PoEとは、Power over Ethernet(パワー・オーバ・イーサネット)の略でEthernetの配線ケーブル(カテゴリ5のより対線)で接続機器に電力を供給する技術。
2003年6月にIEEE 802.3afとして標準化されました。

PoEに対応した機器ではLANのポートを電源コンセントの代わりに使えるようになるため、設置場所の関係で通常の電力供給が困難なWebカメラやIP電話、スイッチングハブや無線LANアクセスポイントに利用されています。

PoEはEthernet用のLANケーブルを使って電源を供給する方式で、ネットワークカメラやネット接続可能な機器に使用されます。PoEに対応したスイッチングハブなどの関連機器もあります。
電源の供給と映像の配線が一本で済むため、取り付けの手間が少なく、コンセントを用意しにくい離れた倉庫の監視、天井などへの設置でも、ネットワークへ接続ができれば監視ができるようになります。無線アクセスポイント、ネットワークカメラ、IP電話等のPoE対応機種の電源工事が不要となり、電源工事のコストも削減が可能となります。
PoEハブについて説明 イメージ

給電側機器では最大48Vで15.4Wの電力が給電でき、受電側では最大12.95Wが利用できます。
PoE、及びネットワークカメラの詳細に関しましては、ネットワークカメラとアナログカメラに記載されています。ご参照ください。

関連記事

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status