DVRとは│監視・防犯カメラ用語集

DVR(●読み:デジタルビデオレコーダー ●スペル : Digital Video Recorder)


DVRとは、防犯カメラの映像などをハードディスクにデジタル・データとして記録する方式のデジタルビデオレコーダーの事です。ビデオテープの代わりに大容量のハードディスクを記録メディアに用います。
主にアナログカメラ(CCDカメラ)を接続して録画・再生を行い、映像を記録します。カメラから送られるアナログ信号を装置内でデジタルに変換して記録するため、DVRと呼ばれます。DVRへと全てのカメラから個別に映像信号が送られてくるため、配線工事はやや複雑になります。
DVRには500GB~数TBの容量があり、録画したいフレームレートや録画を残しておきたい時間に合わせて選択する必要があります。事前に該当機種の録画可能時間を確認するようにしましょう。

監視カメラ・防犯カメラの録画用DVRに関しての説明イメージ
関連用語として「アナログカメラ」「CCD」が上げられます。

ネットワークカメラ超記録ができるレコーダーのリンク

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status