広角(レンズ)とは│監視・防犯カメラ用語集

広角(レンズ)(●読み : こうかく ●スペル : wide angle)


広角(レンズ)とは、カメラで撮影する際に実際に写る範囲=画角が広い状態のことです。 カメラのレンズ中央部分からレンズが像を結ぶ焦点距離までが短ければ短いほど、画角は広くなり広角になります。
レンズを選んで装着するタイプのカメラではある程度画角を調整することが可能なため、レンズを広角側に合わせれば広い範囲を撮影することができます。防犯カメラにおいても一般的なカメラと同様に、撮影したいものがきちんと撮影範囲に収まる事は必須です。そのため、画角は重要な製品の判断基準になります。防犯カメラが持つ画角はそれぞれ異なり、30°程度のものから100°を超えるものまで多様です。
また、画角には水平画角と垂直画角があります。水平画角はフレームの左端から右端までの画角を示し、垂直画角はフレームの上辺から下辺までの画角を指します。レンズの画角として一般に25°から50°は標準レンズとして扱われ、60°から100°のレンズは広角レンズとして扱われます。それ以上の画角を持つレンズは超広角モデルとなり、近年多くのメーカーから出ている360°全方位カメラなどがこれに当てはまります。

画角と映り方・撮影位置の関係

撮影位置によって撮影可能な画角範囲が異なります。説明のイメージ。

垂直画角と水平画角

垂直画角と水平画角のイメージ。
関連用語として「焦点距離」「ズームレンズ」が上げられます。カメラ機能や形状の詳細に関しましては、カメラの機能についてに記載されています。ご参照ください。

お問い合せ

お問い合せ


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status