移動の多いスタッフの効率を上げるハンディナースコールシステム事例

mainimg_casepage009
  • 施設種類:有料老人ホーム
  • 場所:大阪府
  • 床数:45床
  • 特徴:ハンディナースホンシステム

評価された点
ハンディ端末メインのシステムを組み、使わない接続機器は省くことができると提案され見積りを依頼。思っていたより低価格の見積りを出してもらったのが決め手でした。


導入のきっかけ スタッフの移動が多い施設なので、ハンディ端末による呼出しを基本としたシステムを探していた。Yuiコールのホームページを見た時、防水のハンディ端末もあったのでお問合せしてみました。 導入の決めて
  • ハンディ端末をメインにシステムを組んでいるので居室との相互通話もハンディ端末からおこなえることがよかった
  • 各居室の前に設置する呼び出し状況を把握できる表示灯や復旧ボタン、通常ナースステーションに設置する呼び出し場所を通知する大型のナースコールボードを省けたこと
  • 浴室などの水場周り対応があるので、防水ハンディ端末があることで安心して対応できる
今回導入させていただいた御客様は、施設内で業務上スタッフの移動が多いため、ナースコールからの呼び出しを基本的に全てハンディナース(PHS)端末で受けるようにしたいと要望がありました。浴室などの水場も出入りするので、ハンディ端末は防水仕様にし水濡れを気にしないで使用できるラインナップです。ハンディ端末から居室にいる入居者と相互通話でやり取りもできるので、対応をより細やかにおこなえます。 ハンディナースコールならここまでできる!
  • 居室からの呼出しがハンディナースの画面上に表示。入居者とハンディナースを使用し相互通話が可能です。
  • インターホンと連携することで、訪問者が来たさい、ハンディナースから応答可能
  • ワンボタンで簡単にハンディナースから館内放送を流すことができます。
  • センサー(人感センサー、マットセンサー等)と連動させることで反応があった際、ハンディナースへお知らせすることができます。
  • 通常のPHS同様、外線への発信も可能。また外線発信を規制することもできます。

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須