センサーやカメラ連動など、要望にあわせ「自由設計」できるナースコールシステム

mainimg_casepage004
  • 施設種類:有料老人ホーム
  • 場所:三重県
  • 床数:50床
  • 特徴:見守りナースコール

評価された点
他社ではナースコールの型式が決まってしまっていることがほとんどで施設側の要望に対して融通があまりきかないが、Yuiコールは要望に合わせたシステム設計が可能だった点。


導入のきっかけ 施設長さんが「予算はある程度の金額に抑えつつ、センサーなどで安全対策を強化できるナースコールを導入したい。」という要望をお持ちでインターネットで調べていたとのこと。その中で弊社を知り、HPから問い合わせをいただきました。 導入の決めて

  • 御客様の要望がはっきりとしており、施設内をセンサーによるお知らせや・カメラ録画などによって安全管理・安全対策を行いたかった。
    Yuiコールなら御客様の要望に合わせて細かい所までシステムを自由設計することができた。
  • Yuiコールなら工事~保守の1本化が可能なので安心感があった。

施設側の要望は、「夜間に入居者が部屋から出たらスタッフがすぐわかるようにしたい。」とのことでした。その要望に合わせて、弊社ではビームセンサーを利用した徘徊探知システムを組み込んだナースコールをご提案致しました。 時間指定でセンサーが発動するようにし、該当の時間帯に人が通ったらその場所(2階東A館など)をスタッフのPHSに通知するようにするシステムです。
またPHS端末からの構内放送にも対応しており、案内や連絡を流すことができるので、業務運営もサポート可能です。 見守りナースコールならここまでできる!

  • 見守り用途としてカメラとセンサーを連携させ、巡回スタッフに通知するPHS連携システムが構築できます。
  • たとえば照明度の低い所でも撮影でき動作検知をしてくれるカメラや、温度変化で人を検知する人感センサー機能搭載のカメラなどを廊下へ設置します。
  • 夜間出歩いている人がカメラのセンサーへ反応するとスタッフのハンディ(PHS)端末や多機能表示機へ着信してお知らせ。さらにナースセンターにあるディスプレイへ検知された画像が表示されます。
  • 夜間の徘徊を防止することができます。

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須