配線ショートの火災対策

配線ショートによる火災の注意と配線整理のお願い

 先日、静岡県内の工場にて配線のシュートによる火災が発生いたしました。

  ネットワークや電源コードの配線が未整理でホコリがたまったり、配線の劣化等による配線ショートが火災の原因とみられています。

 全国においても、配線やコンセント回りのショートによる火災の報告は倉庫や工場だけでなく一般のオフィスでもあります。

 大切な企業財産を守り、継続的な業務を確保するためにも、日頃の防火、防災対策が重要です。

配線ショートに関する防火対策

 配線ショートに関する防火対策は、職場内の配線状況を確認し、整理することです。

 配線を整理し、古い配線については新しく敷設しなおすことで防災対策だけでなく、不意の障害の軽減にもつながり業務の効率化もはかれます。

 ネットワークの配線は複雑なため自分たちで整理ができない、という場合には当社のような通信・ネットワークの専門業者にご相談下さい。

最終更新日:平成22年8月4日

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status