企業のBCP対策できていますか?

BCP対策で企業の安全面の強化を致します。
岩通 画像
 企業防災で大切なことは、第一に人命を守ることで次に事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能にすることです。その早期復旧を可能にするための計画をBCPといいます。
 Business Continuity Plan(事業継続計画、通称BCP)とは、企業がビジネスを取り組むうえ、予期せぬ出来事(自然災害、大火災、テロ攻撃など)の発生により限られた経営手段で企業を継続させる手段・方法を決め込む計画のことをいいます。
 

平常時に決めておくことで早期経営復活や損害の減少、または雇用に対して企業の信頼感を増すことができます。
 中小企業に取って緊急事態は経営基盤が脆弱なため廃業に追い込まれる又は事業の縮小、解雇等をしなければいけなくなります。それらを回避するためにまず災害が起こった時の対策機器をご紹介させていただきたいと思います。
地震対策 緊急地震速報 画像 緊急地震速報機器
東海地震が起こるといわれて大分年数がたっておりますが、今後東海地震がが30年以内に起こる確率は87%と言われています。そんな地震から従業員と企業を守るためにいち早く地震情報を取得できる緊急地震速報機器。
緊急地震速報 画像
停電対策 停電対策 画像 停電対策用機器UPS
今の時代、企業ではデジタル機器を使用し業務に当たっています。特にパソコン・電話機は業務の要で、守らなくては企業として立ちゆかなくなる可能性もあります。急な停電に伴う強制終了はデジタル機器の寿命を縮めたり最悪壊れたりします。それらを防ぐのがUPS
停電対策 画像

安否確認システム 安否システム 画像 緊急情報伝達システム
災害時社員の安否を確認したくても、なかなか連絡が取れなかったり誰が確認できてて誰が確認できていないのか混乱したりと安否を知ることが大変です。それらを一括でおこなうのがこの通報システムになります。
安否システム 画像
その他 セキュリティシステム
パソコンウイルスによる情報漏洩は会社の信用を著しく下げるばかりでなく賠償請求などの経済的損失も招くことがあります。そのようなウイルスからパソコンを守ることができるフォーティゲート。
落雷対策
デジタル機器は雷に弱く、機器にサージが入ることで故障の原因になります。デジタル機器にサージが入らないようにできる雷ガードで故障を防ぐ。

最終更新日:平成23年6月10日

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて
TELL:03-5913-9997

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status